ホーム > 事業紹介 > 女性アスリートの育成・支援プロジェクト(委託事業) > 女性アスリートの戦略的強化に向けた調査研究

学校法人 浪商学園 大阪体育大学
テーマ 女性アスリートに対する心理サポート実践プログラムの開発
期間 H29-H30 担当者 土屋 裕睦、浦久保 和哉
キーワード #心理サポート 
#アントラージュ 
#メンタルトレーニング
要約 女性アスリートの心理的課題を整理し、アスリートとその関係者のための、実践的なメンタル・サポートプログラムを開発しています。自己への気づき、目標設定、リラクセーション、ストレスコーピング等、様々な年代にある女性アスリートの、実力養成と実力発揮の両面に役立つ心理技法を紹介しています。
参考URL https://www.ouhs.jp/ouhs-athletics/psychologicalsupport/
テーマ 女性アスリートのパフォーマンス向上とスポーツ傷害予防の両立を目指したトレーニングプログラムの開発と普及・啓発~女性アスリートのトレーナビリティーと下肢傷害発生の危険因子の関連性を探る~
期間 H30-H31 担当者 下河内 洋平、浦久保 和哉
キーワード #スポーツ傷害予防とパフォーマンス向上の両立
#スポーツ傷害の危険因子とトレーナビリティの関係性 
#トレーナビリティに影響を与える心理学的要因
要約 我々は、運動パフォーマンス向上と怪我の予防を両立させる方法や、運動パフォーマンス向上のための心の持ち方・チーム作りの方法を、スポーツ医科学やスポーツ心理学の観点から多角的に研究しています。本研究成果は、女性アスリートに対するより良い指導やトレーニング方法の確立につながります。
学校法人専修大学
テーマ 女性スポーツにおけるトランスレーショナルリサーチの実践プログラム
期間 H26-H27  担当者 相澤 勝治
キーワード #女性アスリートリテラシー
#女性アスリートのコンディショニング
要約 女性アスリートのコンディショニングに関する研究知見は蓄積されつつありますが、女性アスリート自身が活用するまでには至っていない現状があります。そこで、自身のコンディション評価や講義を取り入れた女性アスリートコンディショニングプログラムを通して女性アスリート自身がスポーツ医科学情報を理解し活用する能力(女性アスリートリテラシー)を高めることが重要であると考えています。
参考URL http://falpro.wixsite.com/fal-project
参考資料 女性アスリートコンディショニングプログラム
いま知りたいカラダのこと
学校法人順天堂大学
テーマ 遺伝情報を利用した女性アスリートのタレント発掘・育成方法の開発
期間 H27-H28 担当者 福 典之、内藤 久士
キーワード #個体差を考慮した適正種目選択
#スポーツ傷害予防
#トレーニング法
要約
環境要因に加えて両親から受け継ぐ遺伝要因が身長や体重のみならず筋線維組成やスポーツ傷害の感受性などに関与しており、この遺伝要因の解明のために研究を行っています。遺伝要因を加味したトレーニング方法やスポーツ傷害の予防法が確立すれば、競技力の最大化を図れる可能性があります。
参考資料 エストロゲン遺伝子多型と筋損傷(英文)
テーマ 女性アスリート・パラアスリートをアクティブにするプロダクトデザインの提案
期間 H29-H30 担当者 鯉川 なつえ、桜間 裕子
テーマ 女性アスリート・パラアスリートのオンラインヘルスチェックツールの開発
期間 H31-R2 担当者 鯉川 なつえ、桜間 裕子
参考URL https://ppe4fa.jp/
キーワード
#女性アスリート・パラアスリートの健康
#オンライン・ヘルスチェックツール
要約
客観的データに基づく質問項目をまとめ「オンライン・ヘルスチェックツール」を製作しました。女性アスリート・パラアスリートの健康状態等が総合的に評価され、「運動可能かどうか」の判断ができるツールです。各競技のシーズンイン前に実施いただくことで、FATやオーバートレーニングを予防する効果が期待できます。
学校法人東洋大学
テーマ アプリを用いたセルフコンディショニングFemale athlete triadによる長期競技離脱の予防
期間 H28-H29 担当者 太田 昌子、岩本 紗由美
キーワード
#女性長距離ランナーの健康問題とコンディショニング教育
要約  女性長距離ランナーとして競技力向上と健康維持のために知っておいてほしいコンディショニングを広めるための研究活動をおこなっています。健康問題の基礎知識、競技力につながるフィジカルトレーニングとボディーイメージ、食事のタイミングなどアスリートとして必要な知識の教育はセルフコンディショニングに役立ちます。
参考資料 女性アスリートコンディショニングアプリ『あすログ』
学校法人日本体育大学
テーマ 月経周期によるコンディションの影響を改善するための方法の探索と検証
期間 H25-H27 担当者 須永 美歌子、涌井 佐和子、佐藤 馨、町田 萌、亀本 佳世子
参考URL https://www.nittai.ac.jp/female/
参考資料 月経周期とコンディション
テーマ インクルーシブアプローチによる女性アスリートの内分泌特性を考慮した体組成管理法の開発
期間 H29-H30 担当者 須永 美歌子、中里 浩一、岡本 孝信、亀本 佳世子、山田 満月
参考URL https://www.nittai.ac.jp/female2/
テーマ AIプロテオミクスを活用した次世代型女性アスリートコンディショニングシステムの構築
期間 H31-R2 担当者 須永 美歌子 
キーワード
#月経周期とコンディション
要約 
月経周期にともなう性ホルモンの変化は、女性アスリートのコンディション維持を難しくする一因となっています。月経周期が運動時生理反応や主観的コンディションに与える影響について多角的に検討することによって、「月経周期を考慮したコンディショニング法」を開発することをめざしています。
テーマ 女性アスリートのためのオーラルヘルスケア教育ツールの開発
期間 担当者
学校法人立命館大学
テーマ 女性球技アスリート(バスケットボール)のための新たな傷害予防システムの提案:膝傷害発生リスク判別ツールの開発とオーダーメイド型傷害予防プログラムの提言
期間 H30-H31 担当者 伊坂 忠夫、篠原 靖司
キーワード
#ジュニア期の女性アスリート
#パフォーマンス向上と傷害予防の両立
#ジュニア期の課題
#ジュニア期の傷害
要約 
女性アスリートが直面する傷害に、疲労骨折や前十字靭帯等の損傷が挙げられます。既受傷者は再受傷の可能性が高まります。そこで、ジュニア期からスポーツ外傷・傷害を予防し、加えてパフォーマンスの向上に繋がるトレーニングと知見の普及を目指し研究しています。本研究はシニア期に健やかな競技人生を歩み、その後も高いQOLの実現に寄与することを期待しています。
学校法人早稲田大学
テーマ 低エネルギー状態が女性アスリートのスポーツ・健康のリスク及びパフォーマンスに及ぼす影響
期間 H27-H28 担当者 田口 素子、鳥居 俊
参考URL http://www.waseda.jp/prj-female-ath/
参考資料 低エネルギー状態が女性アスリートのスポーツ・健康のリスク及びパフォーマンスに及ぼす影響 
参考文献
1) Ishizu T, Torii S, Taguchi M. Habitual Dietary Status and Stress Fracture Risk Among Japanese Female Collegiate Athletes. J Am Coll Nutr. 2021; 14:1-8. doi: 10.1080/07315724.2021.1920068 (https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/07315724.2021.1920068)
テーマ 女性アスリートの貧血と疲労骨折を予防する新たなスポーツフーズと栄養学的コンディショニング法の開発
期間 H29-H30 担当者 田口 素子、鳥居 俊
参考URL http://www.waseda.jp/prj-female-ath/
参考資料
女性アスリートの栄養課題に立ち向かう 
参考文献
1) Ishizu T, Takai E, Torii S, Taguchi M. Prebiotic Food Intake May Improve Bone Resorption in Japanese Female Athletes: A Pilot Study. Sports. 2021; 9(6):82. doi: 10.3390/sports906008 (https://www.mdpi.com/2075-4663/9/6/82)
テーマ 女性アスリートの栄養学的コンディショニングのための教育支援ツールの開発と普及・啓発
期間
H31-R2
 担当者 田口 素子、鳥居 俊
参考URL
https://female-athlete.com/
キーワード
#コンディショニングと栄養
#アスリートのための栄養摂取
#骨を強くする食事
要約
不適切な栄養摂取により誘発される健康問題を予防するためには、選手や指導者などがコンディショニングと栄養に関する知識を学び、実践できるようになることが大切です。そこで、誰でもどこでも視聴可能なe-ラーニングの開発とWebでの情報発信を行っています。コンディショニングと栄養についての情報を広く浸透させることにより、競技力向上をスポーツ栄養学の側面から支援することを目指しています。
テーマ 女性アスリートにおける競技力向上要因としての体格変化と内分泌変化の検討
期間 H28-H29 担当者 赤間 高雄、塚原 由佳
キーワード
#体重とパフォーマンス 
#ジュニアからシニアでの体型変化 
#体脂肪とパフォーマンス
#月経状態と骨密度
要約
ジュニアからシニア期への移行期は体重が増え、体型が変わりパフォーマンスがさがるなどと聞いたことはないでしょうか?実際体重の変化とパフォーマンスの変化とは関係はみられませんでした。しかしこの移行期間に体脂肪が増えてしまう選手もいました。トップ選手の場合は定期的な体組成の測定を行い、自分の体を知ることが大切です。
参考URL http://www.waseda.jp/prj-female-ath/research/686/
参考資料 女性アスリートにおける競技力向上要因としての体格変化と内分泌変化の検討
テーマ 陸上女子短距離選手のスポーツ外傷・障害予防とパフォーマンス向上に必要な運動負荷、体組成、睡眠に関する研究
期間 担当者
国立大学法人東京大学
テーマ 女性特有の問題を抱える障がい者アスリートの管理指針作成に向けて
期間 H29-H30 担当者 藤井 知行、能瀬 さやか
参考URL http://femaleathletes.jp/
https://www.h.u-tokyo.ac.jp/patient/depts/jyoseisanka/athlete/
参考資料 Health Management for Female Athletes Ver.3
参考文献 1.Mako Fukano, Yuka Tsukahara, Seira Takei, Sayaka Nose-Ogura, Tomoyuki Fujii and Suguru Torii, Recovery of Abdominal Muscle Thickness and Contractile Function in Women after Childbirth, Int. J. Environ. Res. Public Health 2021, 18(4), 2130
2.Fukano M, Aisaka K, Nose-Ogura S, Fujii T, Torii S. Progressive Changes in Lumbopelvic Alignment during the Three Month-Postpartum Recovery Period. Int J Environ Res Public Health. 2022,19(10),5807.
テーマ パフォーマンス低下につながる女性特有の医学的諸問題に関する調査
期間 H30-H31 担当者 藤井 知行、能瀬 さやか
参考URL http://femaleathletes.jp/
https://www.h.u-tokyo.ac.jp/patient/depts/jyoseisanka/athlete/
参考文献 1.Sayaka Nose-Ogura, Osamu Yoshino, Mayuko Kanatani, Michiko Dohi, Katsuyuki Tabei, Miyuki Harada, Osamu Hiraike, Takashi Kawahara, Yutaka Osuga, and Tomoyuki Fujii. Effect of transdermal estradiol therapy on bone mineral density of amenorrheic female athletes. Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports.30(8):1379-1386,2020.
2.Nose-Ogura S, Harada M, Hiraike O, Osuga Y, Fuji T.Management of the female athlete triad.The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research.44(6):1007-1014,2018.
3.Nose‐Ogura S, Yoshino O, Dohi M, Kigawa M, Harada M, Hiraike O, Onda T, Osuga Y, Fujii T, Saito S. Risk factors of stress fractures due to the female athlete triad: Differences in teens and twenties.Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports.29(10):1501-1510,2019.
4.Nose S, Yoshino O, Nomoto K, Harada M, Dohi M, Kawahara T, Osuga Y, Fuji T, Saito S. Serum Brain-derived Neurotrophic Factor Levels Mirror Bone Mineral Density in Amenorrheic and Eumenorrheic Athletes.Int J Sport Med. 40(4):276-282, 2019. 
5.Nose‐Ogura S. Advancement in female sports medicine and preventive medicine. The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research. 2020 Oct 20.
テーマ RED-Sが生理機能に与える影響と予防に関する国際比較
期間 R2-R3
担当者 藤井 知行、能瀬 さやか 
参考URL
http://femaleathletes.jp/
http://femaleathletes.jp/movie/message.html
http://femaleathletes.jp/news/220304.html
https://www.h.u-tokyo.ac.jp/patient/depts/jyoseisanka/athlete/
キーワード #利用可能エネルギー不足と無月経
#RED-S
#女性アスリートの無月経
#女性アスリートのコンディショニング
#女性アスリートのパフォーマンス
 要約 女性アスリートの利用可能エネルギー不足は、無月経や骨粗鬆症の他、全身の様々な臓器に影響を与え、結果的にはパフォーマンスの低下をもたらします。利用可能エネルギー不足がどのような形で日本人女性アスリートの身体機能やコンディションに影響するのか調査し、予防や治療につなげられるように研究をしています。
テーマ 女性アスリートのための陸上競技用義足ソケットにおける性能および機能的・感性的価値に関する研究 
期間 H31-R2 担当者 山中 俊治、阪本 真、臼井 二美男
キーワード #陸上競技用義足ソケットの性能
#選手に合わせた義足ソケットの設計方法
要約 3Dプリント製の陸上競技用義足ソケットを用いて、重さや重心、剛性などの違いによる、走行への影響を調査しています。選手の性別や種目、競技レベルの違いでも、義足ソケットに求められる性能は異なる可能性があります。選手のパフォーマンスと満足度を向上させるため、個々の選手に合わせたソケット設計をおこなうための手法も検討しています。
テーマ 女性アスリートのための陸上競技用義足における個人最適化手法の有用性と一般化に関する研究
期間 担当者
国立大学法人福島大学
テーマ 酸化ストレス、抗酸化力テストを用いた女性アスリートのコンディション把握と改善の新たな試み
期間 H27-H28 担当者 川本 和久、二瓶 秀子
キーワード #酸化ストレスと抗酸化力
#酸化ストレスとコンディショニング
#酸化ストレスを消し去る
要約 疲労の原因やパフォーマンスに影響を与える活性酸素(酸化ストレス)の研究を行っています。競技種目やトレーニング内容により酸化ストレスの発生量が予測できるようになりました。さらにトレーニング内容や食事、サプリメントなどの栄養を吟味することにより積極的にコンディションを整え、絶好調を作り出しています。
参考URL http://www.futc.org/REP/rep00.html
国立大学法人三重大学
テーマ 女性障害者アスリートの抱える問題と支援に関する研究
期間 H27-H28 担当者 池田 智明、能瀬 さやか
キーワード #障がい者女性アスリートの抱える問題
#月経関連
要約 障がい者女性アスリートの抱える問題点を聞き取り調査で調べました。健常者と同様に月経困難症、月経前症候群など婦人科的問題を約半数の選手が抱えていました。また、それに伴い、トイレ休憩の時間が短いことや休憩回数が少ないことなど排泄時の問題点、トイレの設備の不足などの問題点が多く上がりました。
参考資料 女性障がい者アスリートの抱える問題と支援に関する研究
独立行政法人国立病院機構西別府病院
テーマ 多褒胞性卵巣アスリートに多いスポーツ障害予防に有用な介入の検討
期間 H26-H27 担当者 松田 貴雄、天田 浩司
参考URL https://nishibeppu.hosp.go.jp/section/cnt1_00110.html
参考資料 低用量ピル普及啓発ビデオ 澤選手 前編
低用量ピル普及啓発ビデオ 澤選手 後編
低用量ピル普及啓発ビデオ 鮫島選手
テーマ 日本人女性アスリート大型化のための次世代シークエンサーを用いた
高身長関連遺伝子を抽出するための調査
期間 H26-H27 担当者 松田 貴雄、天田 浩司
参考URL https://nishibeppu.hosp.go.jp/section/cnt1_00110.html
参考資料 成長曲線分析ソフト「ヘルスメイト」
一部再委託 学校法人順天堂大学
再委託先
参考URL
https://www.juntendo.ac.jp/athletes/surari/
テーマ 成長期と身体的障がいを有するアスリートのスポーツ障害予防システムの開発
期間 H28-H29 担当者 松田 貴雄、天田 浩司、馬見塚 尚孝
参考URL https://nishibeppu.hosp.go.jp/section/cnt1_00110.html
参考資料 『ジュニア女子アスリートのヘルスサポート』平成28・29年度女性アスリート育成・支援プロジェクト成果報告
アスリートのメディカルチェックにおける血液検査のデータの見方
メディカルチェック啓発ビデオ 川澄選手
一部再委託 学校法人順天堂大学
再委託先
参考URL
https://www.juntendo.ac.jp/athletes/surari/
テーマ 除脂肪体重を用いたヘルスマネジメントシステムの構築
期間 H30-H31 担当者 松田 貴雄、馬見塚 尚孝、天田 浩司
参考URL https://nishibeppu.hosp.go.jp/section/cnt1_00110.html
参考資料 成長期血液年齢シート(テストステロン)
参考文献 松田貴雄,鯉川なつえ,関口晃子,他. アスリート女子における成長の指標としての女子棒体重と初経闘値の検討.日本成長学雑誌.2019;25;40-47
松田 貴雄,清水康平,馬場塚尚孝,他.若年エリート女子サッカー選手の女子棒体重の横断的変化とパフォーマンスとの関連についての考察.Journal of High Performance Sport.2019;4:61-70
一部再委託 学校法人順天堂大学
再委託先
参考URL
https://www.juntendo.ac.jp/athletes/surari/surari_muscle.html
テーマ 女性アスリートが直面する身体的・心理的・社会的な課題の解決に向けた、女性アスリートの競技力向上に資する調査研究「低用量ピル内服のためのコンパニオンツールの作成」
期間 R2-R3 担当者 松田 貴雄
参考URL https://nishibeppu.hosp.go.jp/section/cnt1_00110.html
参考資料 アスリートの貧血チェックシート
小中高校生のための女性アスリート医学教本
キーワード #女性アスリートの貧血レベルと競技パフォーマンス
#フェリチンからエネルギー不足を予知する
#体水分量から判断する相対的エネルギー不足
#日本人アスリートのテストステロンレベルとエネルギー不足
#高1・中1貧血
 要約 これまで問題なく行っていた練習が急にこなせなくなったり、思うように記録が伸びなくなったりはありませんか?集中力が欠如したり、つまらないミスが急に増えたりしていませんか?それはエネルギー不足からの女性アスリートの貧血かもしれません。近くの婦人科を受診して血液検査をしてみましょう!
女性アスリートは体重から体脂肪の重さを除いた除脂肪体重(LBM)を測りましょう!LBMの4分の3があなたの体水分量です。LBMが減少したら、体水分量が減少した脱水か、骨格筋量の減少でパフォーマンスが低下します。女性アスリートは体重でなく、LBMコントロールを心がけましょう!
除脂肪体重(LBM)が1kg減っていたら700ml強の水分不足です。水分補給を行ってもLBMが減っている場合はエネルギー不足が疑われます。LBM1kgは基礎代謝エネルギー約30キロカロリーにあたります。アスリートはおにぎり3分の1個(60キロカロリー)分エネルギーを増やしましょう!
学校法人 新潟総合学園 新潟医療福祉大学
テーマ 月経周期におけるコンディション不良に対する運動器機能と中枢神経機能からアプローチする新たなトレーニング法・傷害予防法の開発
期間 R2-R3 担当者 江玉 睦明、佐藤 大輔
キーワード #大学女性アスリート
#月経周期
#排卵期
#黄体期 
#コンディション不良 
#傷害予防 
#反張膝 
#運動器機能 
#全身関節弛緩性 
#関節不安定性 
#足部アーチ
#慢性足関節不安定症 
#一次体性感覚野 
#一次運動野 
#中枢神経機能 
#運動学習能 
#技能定着 
要約 我々は、「月経を女性アスリートの味方にする」をテーマに、月経周期における適切な傷害予防法やトレーニング法を探る研究を行っています。月経に関する諸問題として腹痛やむくみ、集中力の低下をもたらす月経前症候群が代表的ですが、「少し膝や足がおかしい(グラグラする)感じがする」や「練習しても覚えられない」といった症状も月経周期により出現することが分かってきました。もし、月経周期によって関節の機能や運動学習能が変化することを選手一人一人が自己管理できれば、練習に対する不安や悩みが解決され、より良いパフォーマンスに繋がると考えています。
参考資料 月経周期におけるコンディション不良に対する運動器機能と中枢神経機能からアプローチする新たなトレーニング法・傷害予防法の開発
公益財団法人日本スポーツ協会
テーマ 国民体育大会におけるオリンピック女子種目導入に関する調査研究
期間 H26-H27 担当者 岩田 史昭、佐藤 慎也
参考URL https://www.japan-sports.or.jp/kokutai/tabid1023
参考資料 国民体育大会におけるオリンピック女子種目導入に関する調査研究
独立行政法人日本スポーツ振興センター
テーマ 女性トップアスリートの試合時のコンディショニングに関する研究
期間 H25-H27 担当者 土肥 美智子
参考資料 ドーピング検査によるコンディション悪化の防止
テーマ 無月経時に変動する物質が身体へ与える影響についての検討
期間 H25-H27 担当者 能瀬 さやか
参考資料 Health Management for Female Athletes Ver.2
参考文献 1.Nose-Ogura S, Yoshino O, Dohi M, Kigawa M, Harada M, Kawahara T, Osuga Y, Saito S. Low Bone Mineral Density in Elite Female Athletes With a History of Secondary Amenorrhea in Their Teens. Clin J Sport Med. 30(3) : 245-250, 2020. 
2.Sayaka Nose-Ogura, Osamu Yoshino, Michiko Dohi, Suguru Torii, Mika Kigawa, Miyuki Harada, Osamu Hiraike, Takashi Kawahara, Yutaka Osuga, Tomoyuki Fujii, and Shigeru Saito. Relationship between tartrate-resistant acid phosphatase 5b and stress fractures in female athletes. The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research. 46(8) : 1436-1442,2020
テーマ 低用量エストロゲン・プロゲスチン製剤服用に伴う女性アスリートの
コンディション及びパフォーマンスへの影響
期間 H25-H27 担当者 能瀬 さやか、中村 真理子
参考資料 Health Management for Female Athletes Ver.2
参考文献 1.Nose-Ogura S, Yoshino O, Yamada-Nomoto K, Nakamura M, Harada M, Dohi M, Okuwaki T, Osuga Y, Kawahara T, Saito S. Oral contraceptive therapy reduces serum relaxin-2 in elite female athletes.The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research.43(3):530-535,2017
2.Nakamura M, Nose-Ogura S. Effect of administration of monophasic oral contraceptive on the body composition and aerobic and anaerobic capacities of female athletes.The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research.  2020 Dec
テーマ 女性アスリートの骨盤帯不安定性の評価ならびに対処法の確立に向けて
期間 H25-H27 担当者 半谷 美夏
参考資料 トップアスリートの仙腸関節部痛とMRI所見との関係
(第45回日本脊椎脊髄病学会学術集会 Vol.7 No,3:P742,2016)
テーマ 実態に即した女性アスリート支援のための調査研究
期間 H26-H27 担当者 土肥 美智子
参考資料 実態に即した女性アスリート支援のための調査研究
テーマ ドーピング検査によるコンディション悪化の防止
期間 H28-H29 担当者 土肥 美智子
参考資料 ドーピング検査によるコンディション悪化の防止
テーマ 女性ゴルファーの外傷・障害に関する研究~疫学的実態と外傷・障害予防のための方策の確立~
期間 H28-H29 担当者 土肥 美智子
参考資料 女性ゴルファーの外傷・障害に関する研究~疫学的実態と外傷・障害予防のための方策の確立
テーマ 体重管理に影響を与えないホルモン療法を中心とした医学的介入の確立
期間 H28-H29 担当者 能瀬 さやか
参考資料 Health Management for Female Athletes Ver.2
テーマ 女性アスリートにおける脳振盪への医・科学的アプローチ~疫学的調査と競技復帰のプロセス~
期間 R2-R3 担当者 土肥 美智子、大伴 茉奈
参考資料 脳振盪の啓発コンテンツ
キーワード #競技復帰 
#ドーピング 
#健康問題 
#外傷 
#障害 
#外傷障害
#生理 
#無月経 
#コンディショニング  
#実態把握 
#脳震盪 
#脳振盪 
#脳しんとう 
#concussion
#女性特有 
#女性アスリート 
#女性アスリート支援
#JISS 
#JSC 
#HPSC
要約 女性アスリートの皆さん、からだの痛みや不安で悩んでいませんか?JISSでは、女性アスリートが抱える問題を解決するために、病気や怪我等に関する診療や、月経やコンディショニングといったスポーツ医・科学に関する研究・支援を行い、ハイパフォーマンススポーツの競技力向上をサポートしています。
今まで頭を打った後に、頭痛や変な感じが長く続いたことはありませんか?脳振盪に関する調査研究では、脳振盪を受傷してしまったアスリートが競技復帰までに必要なサポートの調査、脳振盪の既往歴や経験に関するアンケート調査を行い、男女における脳振盪受傷から回復までの違いを検討しております。
松田 貴雄、馬見塚 尚孝
月経周期におけるコンディション不良に対する運動器機能と中枢神経機能からアプローチする新たなトレーニング法・傷害予防法の開発

#心理サポート
#アントラージュ
#メンタルトレーニング

#女性アスリート・パラアスリートの健康 #オンライン・ヘルスチェックツール
#女性アスリート・パラアスリートの健康 #オンライン・ヘルスチェックツール


RED-Sが生理機能に与える影響と予防に関する国際比較
山中 俊治、阪本 真、臼井 二美男
藤井 知行、能瀬 さやか 
藤井 知行、能瀬 さやか 



#女性アスリート・パラアスリートの健康
#オンライン・ヘルスチェックツール
#女性アスリート・パラアスリートの健康
#オンライン・ヘルスチェックツール

ページトップへ