ホーム > 事業紹介 > 競技力強化のための連携・協働 > 協働チームによる各中央競技団体への支援活動

「協働チーム」による中央競技団体への支援活動

JSCが設置するHPSCでは、公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)・公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会(JPC)・JSCで構成される「協働チーム」を発足しました。
「協働チーム」は、オリンピック・パラリンピック競技の各中央競技団体(NF)が自律的・持続的な競技力強化システムを構築するための支援を目的として、「強化戦略プラン※」に基づく強化活動のPDCAサイクルの各フェーズにおいて、多面的な支援を行っています。
※強化戦略プラン:各NFが策定する4年先・8年先(直近及び2大会先のオリンピック・パラリンピック)を見据えた選手強化の中長期計画


協働チームはJOC、JPC、JSCで構成され、スポーツ庁や日本スポーツ協会と連携しながら、NFの強化戦略プランに基づく強化活動を多面的に支援しています。


強化戦略プラン策定支援

「協働チーム」は、ガイドブックの作成、説明会・ワークショップの開催、個別支援の実施等により、NFの「強化戦略プラン」の策定を支援しています。


強化戦略プランに関する進捗確認・課題解決のための取組

NFとのミーティングや日常的なコミュニケーション等を通じて、「強化戦略プラン」の進捗状況を確認しています。また、強化活動の現場や大会に赴き、NFの活動の様子をモニタリングしています。これらの活動で確認されたNFの課題に対し、関係者と連携しながら解決支援を行っています。

「協働チーム」によるコンサルテーション

NFが策定する強化戦略プランに基づく育成・強化における検証段階での支援として、各NFの強化責任者と「協働チーム」の対面による会議(協働コンサルテーション)を実施します。本会議は年に一度開催され、「強化戦略プラン」の目標達成に向けた進捗状況を協働チームが確認し、課題解決のための意見交換や情報交換等を行います。

協働チームによるコンサルテーションではNFの強化責任者と協働チーム委員が対面し意見交換を行います。

強化戦略プランの検証・評価

「協働チーム」は、年度毎に各NFの強化戦略プランの計画性(目標・マイルストーン、資源、成功要因・戦略の確認等)及び実行性(計画の進捗状況の確認等)を検証・評価しています。
また、「協働チーム」は、評価方法及び評価結果を外部有識者で構成する「中央競技団体の強化戦略プラン等に関する評価委員会」(評価委員会)に諮り、専門的見地から意見・助言を聴取しています。
評価委員会で承認された評価結果は、各NFの強化活動等を支援するための助成金(競技力向上事業助成金)の配分等に活用されています。

中央競技団体の強化戦略プラン等に関する評価委員会

ページトップへ