ホーム > 事業紹介 > 次世代トップアスリート育成・強化 > 次世代トップアスリート育成・強化活動報告

次世代トップアスリート育成・強化活動報告

2022年度「J-STARプロジェクト」パラリンピック競技 エントリー受付開始(2022/05/31)

J-STARプロジェクト パラリンピック競技 のエントリーを開始
オリンピックやパラリンピックを目指す未来のトップアスリートを発掘する「ジャパン・ライジング・スター・プロジェクト(J-STARプロジェクト)」。2022年度に新たに募集するJ-STARプロジェクト パラリンピック競技のエントリーを開始しました。

アスリートライフスタイル インタビュー教材 張本選手・上地選手(2022/04/15)

アスリートライフスタイル インタビュー教材
アスリートの皆さんが自身のパフォーマンスを最大限に高めるために、毎日を過ごす中で意識して欲しい考え方や習慣を「アスリートライフスタイル」として紹介しています。卓球 張本智和選手、車いすテニス 上地結衣選手のインタビュー記事・動画が新たに掲載されましたのでぜひご覧ください。

パスウェイの見える化の試み~競技別育成パスウェイモデルの構築(2021/05/27)

FTEM図_日本パラ水泳アスリート育成パスウェイ

日本の競技スポーツの現状を踏まえたスポーツとアスリート育成の包括的な枠組みである「日本版FTEM」を2019年に開発しました。HPSCでは、この日本版FTEMを活用して、中央競技団体(パラ水泳、BMXレーシング)と協働した競技別育成パスウェイモデルの構築に国内で初めて取組み、2団体のモデルが2021年3月についに完成しましたのでご紹介します。


『J-STARプロジェクト』 エントリー方法のご紹介(2020/12/24)

データで一括エントリー申込み方法 ①Excel申込書の作成 ②立ち幅跳び動画を撮影 ③Excel申込書:立ち幅跳び動画の送付 「エントリー完了」
未来のオリンピック・パラリンピック等の国際舞台で活躍するアスリートを発掘するための「ジャパン・ライジング・スター・プロジェクト(J-STARプロジェクト)」。 2021年1月31日までエントリー受付中の<オリンピック競技>は、今年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、測定会は実施せず、「立幅跳び動画」や新体力テスト等のデータによる選考を行います。 今回は、2つのエントリー方法をご紹介いたします。

『競技別コンソーシアムによる地域パスウェイの整備』事業紹介(2020/12/16)

第6回国内集合研修の様子
令和元年度より開始した本事業は、現在8競技団体(クライミング、スキー、トライアスロン、ライフル射撃、カヌー、セーリング、自転車、フェンシング)へ委託しております。 連携する地域の選定にあたっては、JSCが運営するワールドクラス・パスウェイ・ネットワークに加盟している地域タレント発掘・育成事業実施地域に、連携希望や練習環境のアンケートを実施し、様々な要素を検討して決定しました。

『J-STARプロジェクト』オリンピック競技 4期生募集開始(2020/11/02)

『J-STARプロジェクト』オリンピック競技 4期生募集開始
ハイパフォーマンススポーツセンターでは、日本スポーツ協会への委託事業として、未来のオリンピック・パラリンピック等の国際舞台で活躍するアスリートを発掘するための「ジャパン・ライジング・スター・プロジェクト(J-STARプロジェクト)」を実施しています。 11月1日より<オリンピック競技>4期生の募集を開始いたしましたので、お知らせいたします。

『J-STARプロジェクト』パラリンピック競技 4期生募集開始(2020/10/14)

『J-STARプロジェクト』パラリンピック競技 4期生募集開始
ハイパフォーマンススポ ーツセンターでは、日本スポーツ協会への委託事業として、未来のオリンピック・パラリンピック等の国際舞台で活躍するアスリートを発掘するための「ジャパン・ライジング・スター・プロジェクト(J-STARプロジェクト)」を実施しています。 10月1日より<パラリンピック競技>4期生の募集を開始いたしましたので、お知らせいたします。

根拠に基づいたアスリート育成パスウェイ構築の試み(2020/08/31)

『J-STARプロジェクト』パラリンピック競技 4期生募集開始
日本スポーツ振興センター(JSC)では、子どもがスポーツに触れてからトップアスリートになるまでの道すじを作る「アスリート育成パスウェイ」の事業を実施しています。その事業の中で、日本の競技スポーツの現状を踏まえたスポーツとアスリート育成の包括的な枠組み「日本版FTEM(Foundation、Talent、Elite、Mastery)」を2019年に開発しました。

ページトップへ