生化学実験室

生化学実験室写真1

 生化学実験室には、血液や唾液、尿などに含まれる物質や細胞の分析、遺伝子解析などを行うための機器が備えられています。これらの機器を活用して、アスリートの疲労状態や免疫機能、内分泌機能についてのデータを提供することができ、日々の体調管理やトレーニング効果の評価など、アスリートのコンディショニングに役立てられています。また、トップアスリートの遺伝的特性についても分子生物学的な解析が進められています。

施設紹介

・付帯設備 フローサイトメーター、タンパク質多項目同時測定システム、マイクロプレートリーダー、リアルタイムPCR装置、核酸自動精製装置、電気泳動装置、蛍光・燐光分光光度計、唾液中ストレス指標分析装置、尿比重計、超高速遠心機、超低温槽など

生化学および分子生物学的分析

生化学実験室ではアスリートのコンディションを生化学的な測定方法を用いて数値化し、客観的なデータとして提供しています。疲労や免疫機能などのコンディション指標の分析に加え、その指標がなぜ変化するのか深く掘り下げて関連する生理的なメカニズムについても調べることができます。また、どこでもコンディション指標が測定できる簡易測定器も備えており、競技現場における迅速なフィードバックを実現しています。   生化学および分子生物学的分析の様子

ページトップへ