ホーム > 業務紹介

業務の紹介

独立行政法人日本スポーツ振興センターは、我が国におけるスポーツの振興及び児童生徒等の健康の保持増進を図るための中核的・専門的機関として、その目的・役割を常に認識し、次の業務を行っています。

スポーツ施設の運営及びスポーツの普及・振興に関する業務

国立代々木競技場、秩父宮ラグビー場及び味の素フィールド西が丘は、国際的、全国的な各種スポーツ大会等に対して、高水準な施設・設備を備えた競技施設を提供しています。 また、スポーツ施設(テニス場、室内水泳場等)を広く団体や個人に公開しています。

さらに、国立スポーツ科学センターと連携し、国際競技力向上のための研究・支援事業の成果を実証する場として、施設を活用しています。

災害共済給付及び学校安全支援業務
 

学校教育の円滑な実施に資するため、学校の管理下における児童生徒等の災害に対して、災害共済給付(医療費、障害見舞金または死亡見舞金の支給)を行っています。

また、災害共済給付の実施によって得られる災害事故情報を活用して、事例・統計データの整理、分析及び調査・研究を行い、その成果を学校関係者等に分かりやすく提供することにより、学校における事故防止のための取組みを支援します。

スポーツ医・科学研究業務
 

国立スポーツ科学センター(JISS)は、我が国のスポーツの国際競技力向上に向けた、スポーツ医・科学研究の中枢機関として、公益財団法人日本オリンピック委員会、中央競技団体及び大学等、国内外のスポーツ研究機関と連携し、調査・研究を推進するとともに、その成果を踏まえて、我が国のトップレベルの競技者及びチームの国際競技力の向上を、スポーツ医・科学の各側面から組織的・総合的に支援しています。

味の素ナショナルトレーニングセンターの管理・運営業務

ナショナルトレーニングセンターは、競技別の専用練習場である「屋内トレーニングセンター」、「屋内テニスコート」、「陸上トレーニング場」及び宿泊施設の「アスリートヴィレッジ」からなり、競技者が同一の活動拠点で集中的・継続的に強化活動を行うことができます。

国際競技力向上のための研究・支援機関であるJISSと隣接している利点を活かし、選手や競技団体が各施設とJISSのスポーツ医科学・情報サポートを効果的に利活用できるよう、一体的な管理・運営業務を行っています。

※ナショナルトレーニングセンターはネーミングライツを導入し、施設名が「味の素ナショナルトレーニングセンター」となっています。

スポーツ振興投票等業務

スポーツ振興のために必要な資金を得るため、「スポーツ振興投票の実施等に関する法律(平成10年法律第63号)」に基づき、スポーツ振興投票の対象となる試合の指定、スポーツくじ(toto・BIG)の販売、試合結果に基づく当せん金の確定及び当せん金の払戻業務等を行っています。

スポーツ振興のための助成業務

我が国のスポーツの国際競技力向上、地域におけるスポーツ環境の整備・充実など、スポーツの普及・振興を図るため、スポーツ振興事業助成(スポーツ振興基金助成、スポーツ振興くじ助成及び競技力向上事業助成等)を行っています。

日本のスポーツ情報戦略機能の強化に関する業務

わが国のスポーツ政策の検証・提案に資する、情報の集約・分析・統合・提供及び国内外スポーツ機関との連携・ネットワーク構築を行っています。

登山に関する指導者養成及び調査研究業務
 

国立登山研修所は、我が国の登山の健全な発展を図るため、登山指導者養成のための研修訓練や登山に関する調査研究により登山事故の防止に努めています。

スポーツ博物館・図書館の管理・運営業務

国立競技場完成の翌年(1959年)に開設された、日本で唯一の総合スポーツ博物館及び図書館です。

国立競技場の建替えに伴い、2014年6月に倉庫機能を東京都足立区綾瀬へ移しました。博物館所蔵資料の見学はできませんが、地域連携や情報収集、研究機関と協働した人材育成に取組みます。

図書館資料については、FAX又は電話で予約の上、倉庫内スペースにて閲覧可能です。

平日のみ/10:00~16:00
電話番号/03-5849-5400  FAX/03-3629-1660

受託業務

関係行政機関等からの受託事業について、当センターの持つ専門的能力を活用し実施しています。

関係機関との連携・協働に関する取組
 

スポーツの推進及び児童生徒の健康の保持増進のために、JAPAN SPORT NETWORK 等による関係機関との連携・協働ネットワークの構築を行っています。

スポーツに関する活動が公正かつ適切に実施されるようにするため必要な業務

2013年に行われた日本スポーツ振興センター法の改正に伴い、「スポーツに関する活動が公正かつ適切に実施されるようにするため必要な業務」が新たに加えられたことを踏まえ、スポーツにおける八百長・違法賭博、ガバナンス欠如、暴力、ドーピング等の様々な脅威から、Integrity of Sport(スポーツの健全性・高潔性)を護る取組を実施しています。

日本のスポーツ推進のための開発・支援業務

「国際競技力の向上に資する各種スポーツ資源の開発」をミッションとし、アスリート開発、コーチング開発、スポーツ開発、医・科学サポート開発、スポーツ資源開発という5つの領域において、新たなプログラムの開発や支援等を行うほか、スポーツ資源の開発に関する国内外関係機関との連携等の各種事業を推進しています。

 

ページトップへ