ホーム > 業務紹介 > 受託業務

受託業務

日本スポーツ振興センターは関係行政機関等より事業の委託を受けており、平成28年度から令和3年度の受託事業は以下の通りです。

令和3年度受託事業

事業概要

  • 戦略的二国間スポーツ国際貢献事業
    政府のスポーツ分野における国際貢献策「スポーツ・フォー・トゥモロー」プログラムの1つ。スポーツ・フォー・トゥモローコンソーシアム事務局の運営を行い、関係機関間のネットワーク形成、情報収集・提供などを行う。
  • ナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点機能強化事業(強化拠点の環境整備)
     国立戸田艇庫に設置したナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点(ボート)を活用し、ナショナルチームなどを対象とした強化事業を実施する。
  • ハイパフォーマンス・サポート事業
    東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会及び北京2022オリンピック・パラリンピック冬季競技大会でメダルが獲得できるよう、スポーツ医・科学、情報分野等からの高度なサポートを提供する体制を構築し、スポーツ庁が定めるターゲットスポーツのアスリートに対して、多方面からの支援を実施する。
    また、東京2020大会及び北京2022大会において、日本代表選手団が大会の最終準備を行うためのサポート拠点の設置・運営を行う。
  • 女性アスリートの育成・支援プロジェクト
    国際大会で活躍が期待できる女性アスリートのうち、女性特有の課題を抱えている者を対象に、各課題に対応した医・科学サポートに関する女性アスリート支援プログラムを実施する。また、女性アスリートの戦略的強化に向けた調査研究ではアスリートの脳振盪からの回復に関する調査研究を実施する。
  • スポーツ支援強靭化のための基盤整備事業
    スポーツ医・科学的なアプローチに基づき、コンディショニング、リモート技術の活用など競技特性を踏まえた多様な支援手法の研究、競技用具の研究開発等により、感染症等の様々な制約を受ける状況にあっても継続的に選手強化が行われるレジリエント(強靭)なシステムを構築する。
  • 学校における体育活動での事故防止対策推進事業
    学校における体育活動(体育・保健体育の授業、運動部活動、体育的行事等)中に繰り返し発生する重篤な事故を防止するため、現地調査を行い、その発生原因や背景などを分析・研究し、再発防止のための留意点や方策などを策定する。
    さらにその成果を広く関係者で共有する。(再発防止のためのセミナーの開催等を行う。)

過去の受託事業

令和2年度受託事業
令和元(平成31)年度受託事業
平成30年度受託事業
平成29年度受託事業
平成28年度受託事業

 

ページトップへ