ホーム > 組織について > 基本理念・ビジョン・行動指針

基本理念・ビジョン・行動指針の体系

私たちは、日本スポーツ振興センター(JSC)の活動すべての核となる概念として、
基本理念、ビジョン、行動指針を定めました。
三角形の図において、「基本理念(JSCのミッション)」は1番上に、「ビジョン(JSCが中期的に目指す姿)」は真ん中に、「行動指針(理念の実現のため、JSC全役職員が行動する際に大事にすること)」は基盤部分になります。

基本理念

JSCは、スポーツの推進と人々の健全な発達、 健康で豊かな生活を実現し、 公正で活力ある地域・社会、 平和と友好に満ちた世界に貢献します。

ビジョン

コーポレート・メッセージ「未来を育てよう、スポーツの力で。」

JSCのビジョンは、コーポレート・メッセージによって表現されています。メッセージに込めた想いは以下のとおりです。

JSCが考える「スポーツの力」とは、

・スポーツに親しむことで手に入れることができる心と身体の元気の力。
・トップアスリートの輝く姿を通して胸に沸き上がる夢や憧れ、そして感動の力。
・ 安心して学校生活を送ることで育まれる子どもたちの明日への力。

これらの力は、すべての人にとって、 限りない可能性のある未来を育てる力です。 JSCは、「スポーツの力」で、 元気や感動、 明日への力にあふれた日本を実現し、 限りない可能性のある未来を、国民の皆様と一緒に育てます。

行動指針

私たちJSC役職員は、自らの基本理念とビジョンを実現させるために、

・国民視点、アスリート・ファーストの視点に立ち、公正・誠実に行動します。
・社会的使命を自覚し、誇りと責任感を持って行動します。
・開かれた業務に努め、人々から共感を得られるよう行動します。
・広く国内外に目を向け、より良い社会づくりに貢献します。
・笑顔とチームワークを大切に、活力ある組織をつくります。

ページトップへ