ホーム > 業務紹介 > スポーツ・インテグリティの保護・強化に関する業務 > スポーツにおけるドーピングの防止活動に関する業務

スポーツにおけるドーピングの防止活動に関する業務

1 ドーピング調査(インテリジェンス活動)

(1)ドーピング調査(インテリジェンス活動)とは
 JSCは「スポーツにおけるドーピングの防止活動の推進に関する業務」(JSC法15条1項6号)の一環として、スポーツにおけるドーピングの防止に係るドーピング調査(インテリジェンス活動)を実施しています。
 ドーピング調査(インテリジェンス活動)とは、アンチ・ドーピング規則違反の特定に向けた情報の収集、分析及び評価活動であり、組織化・巧妙化しているといわれているドーピングを発見し、特定するのに不可欠なものです。
 これに関し、アンチ・ドーピング規則違反を定めている日本アンチ・ドーピング規程では、公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構(以下「JADA」といいます。)によるドーピング調査に加え、JSCも「日本の法令に従い、独立して、独自にドーピング調査を行うことができる」(5.1項)とされています。
 JSCは「スポーツにおけるドーピングの防止活動の推進に関する法律」の目的及び基本理念を尊重し、ドーピング調査(インテリジェンス活動)を実施していきます。
 クリーンでフェアなスポーツを守るために皆さまもご理解とご協力をお願いします。
 
(2)「ドーピング通報窓口―あなたが守るSTOP DOPING―」の設置・運用
 ドーピング調査(インテリジェンス活動)における情報収集手段のひとつとして、JSCはドーピング通報窓口を設置・運用しています。
 ドーピング通報窓口では、アンチ・ドーピング規則違反を定めた世界アンチ・ドーピング規程及び日本アンチ・ドーピング規程2条に違反する又は違反する疑いのある行為に関する情報をオンラインフォームにて受け付けています。
 

〇ドーピング通報窓口専用サイト
URL:https://www.report-doping.jpnsport.go.jp 
    ドーピング通報窓口専用サイトへのリンク

(3)アンチ・ドーピングに係るドーピング調査(インテリジェンス活動)の枠組み等に関する検討
 アンチ・ドーピング規則違反の発見・特定に資する情報の授受に関して、現行法制下において、JSCが行政機関から情報を受けたり、JADA等の関係機関に提供したりするための法的枠組み等を検討するため、平成26年10月に「アンチ・ドーピングに係るインテリジェンススキーム構築に向けた検討チーム」を設置しました。同検討チームにおいては、法律家を含む有識者を交えて、主として法的な観点から議論を行い、報告書を取りまとめました。 

〇参考:独立行政法人日本スポーツ振興センター「アンチ・ドーピングに係るインテリジェンススキーム構築に向けた検討チーム」最終報告書(PDF:889KB)

2 広報活動・理解促進活動

 クリーンでフェアなスポーツに向けて効果的なドーピング調査(インテリジェンス活動)を実施するためには、競技者、監督・コーチ、スポーツ団体の役職員といったスポーツ関係者の理解と協力が不可欠となります。
 JSCのアンチ・ドーピング活動への理解・協力が得られるよう、JADAやスポーツ団体等と連携しながら、広報活動・理解促進活動を実施しています。具体的には、ドーピング通報窓口ガイドブックの作成・配布、Web広報、説明会・セミナーの開催等を行っています。

3 情報収集

 ドーピング調査(インテリジェンス活動)の充実を図ること等を目的として、情報収集を行っています。
 具体的には、世界アンチ・ドーピング機構が開催する会議への出席、外国のアンチ・ドーピング機関への調査、外国のアンチ・ドーピングに関する実務家の招へい等により、先進的な仕組み・情報等を学ぶことを通じて、JSCのアンチ・ドーピング活動へ役立てるとともに、我が国のアンチ・ドーピング活動が進展していくようフィードバックしていきます。

4 日本アンチ・ドーピング規律パネル

(1)概要 
 日本アンチ・ドーピング規律パネル(以下「規律パネル」といいます。)は、日本アンチ・ドーピング規程に定められる機関で、アンチ・ドーピング規則違反について、その事実の有無を認定し、措置を決定するという役割を担っています。規律パネルは委員長又は副委員長である法律家3名、医師3名、更なる者(スポーツ関係者)3名の計9名で構成されます。
 競技者やサポートスタッフ(監督・コーチ等)によるアンチ・ドーピング規則違反があると疑われる場合、JADAがその者に対して、アンチ・ドーピング規則違反の通知・主張を行います。
 その後、原則として、規律パネルの委員長により、同パネルの委員の内から3名の委員(委員長又は副委員長である法律家1名、医師1名、更なる者1名)が聴聞パネルとして任命されます。その聴聞パネルにより聴聞会が開催され、JADA及びアンチ・ドーピング規則違反を主張されている競技者等から事情を聴くなどします。そのうえで、当該聴聞パネルがアンチ・ドーピング規則違反の有無を認定し、措置を決定することになります。

【アンチ・ドーピング規則違反が疑われる場合の主な流れ】

※競技者等は違反を自認し、聴聞会を放棄して、JADAが申し入れる措置を受諾することもできます。この場合、JADAから「同意に基づく決定」が出されることになります。

〇参考: 日本アンチ・ドーピング規程(JADAのホームページ)
  https://www.playtruejapan.org/code/provision/japan.html


(2)体制・仕組み
 規律パネルはJSC、JADA及びスポーツ団体等から独立し、アンチ・ドーピング規則違反について中立かつ公正に判断を下すことが求められている、公正、不偏、独立の機関です。
 JSCが規律パネルを所管しており、委員についてはJSCの理事長が任命します。
 この規律パネルの所管に関しては、JSCの理事長による委員の任命に先立って、有識者で構成される日本アンチ・ドーピング規律パネル委員の任命等に係る諮問委員会を設置し、同諮問委員会から規律パネル委員候補者の適性等についての答申を得る仕組みとなっています。
 また、当事者との連絡、聴聞会の開催及び措置の決定等といった規律手続の運営に関する具体的な事務手続については、規律パネルの適正な運用を補助する者として外部専門員(運営コーディネーター)を任命し、同人に一任しています。
 これらの仕組みにより規律パネルの独立性が制度的に担保され、規律パネルや規律手続は自律的に作用しています。JSCが聴聞会や措置の決定等の規律手続に関して、規律パネル(運営コーディネーターを含む。)に影響を及ぼすことは一切ありません。
 また、JSCにおいても、ドーピング調査(インテリジェンス活動)の担当と規律パネルの運用に関する業務の担当との課を分け、両業務間に情報遮断措置を施しています。

 〇参考:独立行政法人日本スポーツ振興センター日本アンチ・ドーピング規律パネル規程

(3)決定文

 規律パネル(聴聞パネル)による決定文については、日本アンチ・ドーピング規程に沿って、JADAのホームページ上で公表されています。

〇参考: 日本アンチ・ドーピング規律パネルによる決定文等(JADAのホームページ)
  https://www.playtruejapan.org/code/violation/dcision.html


 

お問合せ先

1 アンチ・ドーピング活動全般について

 スポーツ・インテグリティ・ユニット
 インテグリティ推進課アンチ・ドーピング推進係
 電話番号:03-6804-3802
  2 日本アンチ・ドーピング規律パネルについて

 スポーツ・インテグリティ・ユニット
 運営調整課
 電話番号:03-6804-3759

 

 

ページトップへ