ホーム > 業務紹介 > スポーツに関する活動が公正かつ適切に実施されるようにするため必要な業務

スポーツに関する活動が公正かつ適切に実施されるようにするため必要な業務

スポーツ・インテグリティ(Integrity)とは?

「インテグリティ」とは、
・高潔さ・品位
・完全な状態
を意味することばです。

スポーツにおける「インテグリティ」とは、
「スポーツが様々な脅威により欠けるところなく、価値ある高潔な状態」
を指します。

本来、スポーツには人々を幸福にし、社会を善い方向に導く力があるといわれています。スポーツが本来持つ力を発揮するためには、その前提として、スポーツの「インテグリティ」が守られていることが重要です。
しかし、スポーツ界にはいま、ドーピングや八百長、スポーツ指導における暴力、ハラスメント、ガバナンスの欠如など、「インテグリティ」を脅かす様々な問題があります。
インテグリティオブスポーツを脅かす要因

 Australian Sports Commission 及び Oxford Research A/S(2010)を参考に作成
【参考文献】Oxford Research A/S,2010. Examinaion on Threats to the Integrity of Sports



現在、スポーツのインテグリティ保護・強化に向け、国際オリンピック委員会や国際競技連盟、世界アンチ・ドーピング機構等の国際スポーツ統括組織の他、近年特に欧州評議会等において活発に議論され、対策が進められています。 JSCは日本における「Integrity of Sport」の保護・強化を目指し、2014年に「スポーツ・インテグリティ・ユニット」を設置しました。今後、すべてのアスリート・指導者・関係者とともに、この取組を推進していきます。

JSC「スポーツ・インテグリティ・ユニット」設置の背景

スポーツ基本法(第2条第8項)では、
・スポーツに関するあらゆる活動を公正かつ適切に実施する
・ドーピングの防止の重要性に対する国民の認識を深める
ことが定められています。

また、スポーツ基本計画では、
・ドーピング防止活動の推進
・スポーツ団体のガバナンス強化と透明性の向上に向けた取組み推進
が、国(文部科学省)の政策目標となっています。

さらに、平成25年5月に改正された独立行政法人日本スポーツ振興センター法(第15条第1項第6号)では、
・スポーツを行う者の権利利益の保護
・スポーツにおけるドーピング防止活動の推進
・スポーツに関する活動が公正かつ適切に実施されるように必要な業務を実施
することが定められ、JSCとしての取組みが明確化されました。

これらの条文や政策目標は、正にIntegrity of Sportを守る活動に他なりません。

さらには、平成25年12月に閣議決定された「独立行政法人等に関する基本的な計画」では、昨今のスポーツ団体による不正経理をはじめとしたガバナンス欠如の問題に端を発し、JSCに対して助成・給付業務の不正防止策、受給団体のガバナンス強化を図ることが求められています。

JSCでは、これらの国内外の動きに対応するため、平成26年4月に「スポーツ・インテグリティ・ユニット」を設置しました。
JSC内の既存事業を横断的に取扱い、Integrity of Sportに対する一体的な活動を行うため、ユニット長をトップとした部署を立ち上げたところです。
スポーツ・インテグリティ・ユニット体制

今後、関係の皆様方と連携し、Integrity of Sportを守る取組を具体的に推進していきます。

JSC「スポーツ・インテグリティ・ユニット」の業務

ガバナンスグループ
スポーツ団体のガバナンス強化に係る調査・研究、及び団体への支援に関する業務を実施しています。

スポーツ相談グループ
トップアスリートを対象とした「スポーツ指導における暴力行為等に関する第三者相談・調査制度」に関する業務を実施しています。

アンチ・ドーピンググループ
公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構(JADA)と連携し、アンチ・ドーピングのため、インテリジェンス活動(情報収集・分析)、関連する海外事例の調査研究、日本アンチ・ドーピング規律パネルの運営等を実施。

くじ調査グループ
スポーツ振興投票の公正性の確保に係る調査等を実施しています。

参考情報

シンポジウム『Integrity of sport を考える』開催報告

 

ページトップへ