事例紹介 Case study

パラアルペンスキー用具開発

パラリンピック:アルペン / 村岡桃佳選手 ©PHOTO KISHIMOTO
対象競技
パラリンピック アルペンスキー男女
実施体制
(NPO法人)日本障害者スキー連盟、信州大学、長岡技術科学大学、芝浦工業大学

取組内容

パラリンピックアルペンスキー競技において使用されるプロテクター、カウル、チェアスキーフレームを開発しました。
プロテクターについては、選手ごとに部位・材質・形状を検討して体にフィットするプロテクターを開発しました。カウルは空気抵抗を減らすための形状をモデルを用いて検討し、チェアスキーフレームについても高速系、スラローム等、種目や選手の特性に特化したフレーム開発のための計測システムを確立し開発しました。

チェアスキーフレーム

ページの先頭へ