本文へ

JSN宣言団体の状況 JSN宣言団体の状況

国際展開

JSNの国内ネットワークやコンテンツを活用し、ASIAと連結することで国内外のネットワークを更に拡充していきます。

  • JSCは、2015年にアジアへの国際展開の足場としてAssociation of Sportss Institutes in Asia(通称ASIA)を設立しました。
  • ASIAには現在13の国と地域から16団体が加盟し、JSCが同国際団体の委員長を務めています。
  • ASIAが企画するセミナーやコングレスを通して、日本のスポーツコンテンツをアジアに展開するために必要な接点を創出します。

ネットワーク連携イメージ

JSN JAPAN SPORT NETWORKとASIAとのネットワーク連携 「JSN JAPAN SPORT NETWORK:政策イノベーター要請、共催事業(トライアルモデル事業)、情報配信(メール・ニュースレター)、セミナー・フォーラム、調査研究」「ASIA:e-News letter、ASIA Training Camp、Asian Games Project、ASIA Congress」’
‘ASIA’13の国と地域から16団体
‘ASIA’ロゴマーク
  • Aspire Academy(カタール)
  • Singapore Sport Institute(シンガポール)
  • Hong Kong Sports Institute(香港)
  • National Youth Sports Institute(シンガポール)
  • Philippine Olympic Committee(フィリピン)
  • Sports Science Academy of Nepal(ネパール)
  • Bangladesh Institute of Sports(バングラデシュ)
  • National Sports Institute of Malaysia(マレーシア)
  • National Sports Training Centre(台湾)
  • Nanjing Sport Institute(中国)
  • Chengdu Sports University(中国)
  • Sports Authority of Thailand(タイ)
  • National Sports Training Center(カンボジア)
  • National Institute of Physical Education and Sport(カンボジア)
  • Inspire Institute of Sport(インド)
  • Japan Sport Council(日本)

JSN宣言団体の状況