ホーム > 災害共済給付 > 災害共済給付オンライン請求システムについて

災害共済給付オンライン請求システムについて

災害共済給付の業務は、「災害共済給付オンライン請求システム」を導入し、給付金請求事務等の効率化・迅速化と、学校災害に関する統計情報の充実を図っています。

災害共済給付オンライン請求システム ログイン画面 災害共済給付オンライン請求システムについての
よくあるご質問
災害共済給付オンライン請求システム操作マニュアル  -2016-  

災害共済給付システムを導入するメリット

従来、学校及び設置者のみなさまにおいて、手書きで作成していただいていた災害報告書等を、インターネッ ト(災害共済給付システム)に接続されたパソコン上でデータを入力し、印刷することができます。また、審査の進捗状況をパソコンで確認することができ、入力していただいたデータを基に作成した学校災害に関する統計資料をリアルタイムに利活用いただけるシステムとなっています。

セキュリティ対策

ご提出いただく災害報告書等には、児童生徒等の氏名をはじめ、多くの大切な個人情報が記載されています。
これらのデータについては、平成17年4月1日から施行されている「独立行政法人等個人情報保護法」に沿った保護対策を行っています。

(具体的な保護対策)
○ ID番号及びパスワードによるログイン(注)制限
○ 暗号化処理(SSL処理)によるデータの送受信
○ 管理を徹底したシステムへのデータ登録・保存
また、センター職員についても、職員にID番号を設定し、すべての操作履歴の管理を行うことにより、情報の漏洩を未然に防止するよう努めています。

(注)「ログイン」とは、IDとパスワードの入力などの手続きを行い、パソコンやインターネットのサービスの利用を開始することです。

【ご利用になれるOSとブラウザについて】
 マイクロソフト社はInternet Explorer (IE)サポートポリシーを2016 年1 月12 日(火)から、使用するOSの最新ブラウザのみサポートすることに変更しました。それに伴いシステムは、以下の推奨環境となります。

  ご利用の Windows OS               Internet Explorer のバージョン                       
  Windows7 SP1   Internet Explorer 11
  Windows8.1 Update   Internet Explorer 11(デスクトップ版)
  Windows10   Internet Explorer 11

※タブブラウズについて
 タブブラウズとは、1つのブラウザウィンドウで複数のWeb サイトを開けるようにするInternet Explorer の機能です。
 本システムは、タブブラウズには対応しておりませんので利用しないようにお願いします。タブブラウズをご利用になった場合、システムが正常に動作しない場合があります。

災害共済給付オンライン請求システム概略図

災害共済給付オンライン請求システムの概要は、以下の図のとおりです。

<災害共済給付オンライン請求システム概略図>

 




ページトップへ