共済掛金の額

災害共済給付制度における共済掛金額

令和6年度以降の児童生徒等1人当たりの共済掛金の額(年額)は、次のとおりです。

学校種別 一般児童生徒等 要保護児童生徒
義務教育諸学校 920円 (460円) 40円 (20円)
高等学校
高等専修学校
全日制
昼間学科
2,150円 (1,075円)
定時制
夜間等学科
980円 (490円)
通信制
通信制学科
280円 (140円)
高等専門学校 1,930円 (965円)
幼稚園  270円 (135円)
幼保連携型
認定こども園
 270円 (135円)
保育所等  350円 (175円) 40円 (20円)

(注)

  1. ( )内は、沖縄県における共済掛金です。
  2. 共済掛金における保護者の負担割合は、次のとおりです。
    ◆ 義務教育諸学校 4割から6割
    ◆ その他の学校 6割から9割
    残りの額を学校の設置者が負担します。
  3. 災害共済給付契約に免責の特約を付けた場合は、上表の額に児童生徒等1人当たり15円(高等学校の通信制及び高等専修学校の通信制学科は2円)を加えた額が共済掛金の額になリます(小学生であれば、一人当たり「935円」が掛金としてセンターに納入されます。)。
    この免責の特約に係る分の掛金に関しては、学校の設置者が全額負担することとなっています。
  4. 「要保護児童生徒」とは、生活保護法による保護を受けている世帯に属する義務教育諸学校、保育所等の児童生徒をいいます。要保護児童生徒は、生活保護法の医療扶助があるため、障害見舞金又は死亡見舞金のみ支給対象となることから、一般児童生徒等とは別に共済掛金の額を定めています。

ページトップへ