ホーム > 学校安全支援とは > 学校給食への取組 > 食中毒防止に関する実態調査報告書 > 平成26年度 食中毒防止に関する実態調査報告書

平成26年度 食中毒防止に関する実態調査報告書

 本報告書は、平成24年度及び平成25年度に発生した学校給食を原因とする食中毒3件の実態調査の結果及び翌年度以降の改善状況を中心として、その問題点と課題を取りまとめたものです。
 各教育委員会等におかれましては、本報告書で指摘した事項を個々の実態と照らし合わせ、学校給食関係者等に対する指導の参考として広く御活用いただくとともに、各学校給食共同調理場や学校給食委託工場等においても、衛生管理の充実のために本報告書を広く御活用いただくようお願いいたします。

※「学校における食の安全に関する実態調査報告書」は平成25年度より名称を変更し、「食中毒防止に関する実態調査報告書」となりました。

※ ダウンロードをしてご利用ください。
報告書の無断転載を禁じます。

発行日 平成27年3月  
体裁、ページ数 A4判、81ページ


           

I

平成26年度 食中毒防止に関する実態調査の概要
1 実態調査実施状況
2 実態調査実施内容
3 実態調査で指摘した主な問題点
4設置者等から情報提供を受けた食中毒事例



[PDF]0.95MB

学校給食を原因とした食中毒事件の実態調査結果

学校給食調理員が不顕性感染していた可能性があるノロウイルスによる食中毒事例
<事例1>
 
A県a市の食中毒事件

<事例2>
 
B県b市の食中毒事件

<事例3>
  
C県c市の食中毒事件






[PDF]1.10MB


[PDF]1.05MB


[PDF]0.99MB

写真で見る問題点と対策
1 施設・設備
2 検収・保管
3 調理中の衛生管理
4 洗浄・消毒
5 食品保管庫、児童用トイレの手洗い

[PDF]4.16MB



拭取り検査結果
1 拭取り検査箇所、検査数及び検査項目
2 検体採取方法及び検査法
3 検査結果

[PDF]0.93KB


Ⅴ  

設置者等から情報提供を受けた食中毒発生事例
<事例4>
検食による異常発見により、喫食時間が早い特別支援学校以外の9校で発生を防ぐことができたヒスタミン食中毒事件

<事例5>
不顕性感染していた従業員の手を介して汚染された食パンにより、多数の患者を発生させたノロウイルスによる食中毒事件


[PDF]0.9MB



 Ⅵ  学校給食における食中毒防止に向けて(まとめ)                              
     [PDF]0.85MB
 平成26年度食中毒防止に関する実態調査委員会 委員名簿



* PDF形式のファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要となります。
Adobe ReaderはAdobe社のサイトからダウンロード可能です。

ページトップへ