ホーム > 学校安全支援とは > 情報提供 > 体育祭・運動会のけがについて~競技種目別~

体育祭・運動会のけがについて

  今回、平成21年度の災害共済給付データより、体育祭・運動会の統計を収集し、①競技種目別、②負傷の種類別、③被災時間別に分けて、集計を行いました。 
 全国的な統計と各支所の分析をご覧いただき、学校での体育祭・運動会のけが予防に役立ててください。

競技種目別

1 小学校

 まずは、小学校のグラフをご覧ください。

 小学校では、「競技外」でのけがが最も多くの割合を占めていることがわかります。これは、支所ごとのグラフをご覧いただいてもわかる通り、地域に関わらず全国的な傾向となっています。「競技外」のけがでは、準備中(テントの設営)休憩時間中のけがが多く見られます。

 そのほかでは、短距離、騎馬戦、リレーといった種目でのけがが多くなっています。

 この点も地域に関わらず同じ傾向が見られます。

 競技種目別グラフ(小学校)

 2 中学校 

  次に中学校のグラフをご覧ください。

 中学校では、「リレー」でのけがが最も多くの割合を占めていることがわかります。地域に関わらず全国的な傾向と言えるようです。小学校と比べると、けがが多い種目に地域的な特色がみられます。仙台・東京・広島支所の管轄地域では、ムカデリレーによるけがが、仙台・名古屋支所では二人三脚によるけがが多くなっています。

 また、「その他の競技」のけがでは、団体種目のけがが多く見られます。

競技種目別グラフ(中学校) 

3 高等学校・高等専門学校 

 次に高等学校・高等専門学校のグラフをご覧ください。

 高等学校・高等専門学校では、「リレー」でのけがが最も多くの割合を占めていることがわかります。中学校と同様に、地域に関わらず全国的な傾向となっています。その次に騎馬戦でのけがが多くなっています。 この点も地域に関わらず同じ傾向が見られます。

 高等学校・高等専門学校では、各支所で異なる種目でのけがが多くなっていることがわかりました。

 特徴的なところでは、名古屋支所では「大縄跳」が上位にきています。そして広島支所では「二人三脚」、福岡支所では「組体操」が上位にきています。

競技種目別グラフ(高等学校) 

【 事例紹介】

学校種
学年・性別
発生状況

競技種目/傷病名

小学校
2年・女
 全運動会の昼食時、運動場近くの公園で昼食後、雲ていをしてたところ、誤って転落し、右手をつき、骨折した。

競技外(休憩時間)

 右前腕骨折

小学校
5年・男
 耳栓をつけずに間近でピストル音を聞いたため、鼓膜が破れて耳が聞こえづらくなった。 競技外/右急性外耳炎
高等学校
1年・女
 台風の目という種目に出ていて、みんなの足元を竹の棒で通し、跳んでいく際、着地時竹の上に乗ってしまい右足を負傷した。 その他の競技/右足関節及び右足背挫傷
中学校
3年・男
 体育大会の練習で数日前から痛めていた大腿部を体育大会の当日の競技に参加した際ひどく痛めた。 その他の競技/左大腿筋肉断裂
中学校
2年・男
 運動会の昼休みに、リレーの練習をしていたところ、バランスを崩し転倒した。その際、右股関節部を強く打った。 その他の競技/右股関節打撲傷

 

                                                                                                                             1ページ(②負傷の種類別)

                                             2ページ(③被災時間)  

 

ページトップへ