ホーム > 業務紹介 > 日本のスポーツ情報戦略機能の強化に関する業務

日本のスポーツ情報戦略機能の強化に関する業務
国内外のスポーツに関する情報を収集・分析

スポーツ基本法及びスポーツ基本計画の趣旨に則り、日本のスポーツ推進のために必要な情報を扱う中枢機関として、国内外の情報を統合・分析し、日本のスポーツ政策・施策の検証・提案を行います。

情報戦略事業

国内外のスポーツ政策・施策に係る情報を多角的に収集・分析・提供し、日本のスポーツ推進のための政策提案をしています。

  • 国際総合競技大会時の集中的な情報収集・分析・提供
  • 国内外のハイパフォーマンスアスリート情報の収集・分析・提供
  • 女性、子供、高齢者、障がい者等のスポーツ参加促進に関する情報の収集・分析・提供
  • 学校体育・スポーツに関する情報の収集・分析・提供
  • メダルポテンシャルアスリート分析でメダル獲得数とメダルポテンシャルアスリートが相関を示す図
  • スポーツビジネスに関する情報の収集・分析・提供
  • スポーツ国際貢献に関する情報の収集・分析・提供
  • スポーツ政策情報に関する研究
  • スポーツ情報データベースの運営 など

各国のメダル獲得数とメダルポテンシャルアスリート
(MPA:世界選手権等の大会においてトップ8以上の
成績を残した種目数)との間には高い正の相関が
見られることが明らかとなりました。このデータを
根拠に我が国のメダル獲得戦略においてはMPAを
増やすための施策が実施されています。

在英拠点活用事業

英国のロンドンとラフバラ大学の拠点を活用し、スポーツ政策に関する学術研究、主に英国内で開催された国際スポーツイベントに関する現地調査、将来のスポーツ人材の資質向上支援及びこれらの活動を通じた情報収集・発信と関係者とのネットワーク強化を実施しています。ロンドン2012レガシー調査

  • ロンドン2012レガシーに関する継続的現地調査
  • 「つくば国際スポーツアカデミー(TIAS)」等インターン生の受入れ など

国際戦略事業

海外の政府系スポーツ機関、国際統括機関、国際スポーツ団体等との連携・交流や国際ネットワークの構築・強化を行っています。

  • 国際連携のための枠組み構築と連携プログラムの企画・実施アジア地域ネットワーク会議
  • 国際統括機関とのネットワークを通じた情報収集・提供
  • 国際スポーツイベントに関する情報収集
  • 国際スポーツイベント開催組織への協力・支援
  • 社会課題解決へ向けたスポーツ活用方策の提案と国際機関とのスポーツと開発・平和に関する連携事業の実施

また、国際戦略事業では、下記のスポーツ庁委託事業を実施しています。

スポーツ国際展開基盤形成事業
(スポーツ国際政策推進基盤の形成)

我が国のスポーツ国際政策の展開促進に必要な基盤を形成するための調査・研究

 

戦略的二国間スポーツ国際貢献事業 スポーツ・フォー・トゥモロー(SFT)

夏季オリンピック・パラリンピックを東京で迎える2020年までの間で、開発途上国をはじめとする100カ国以上・1000万人以上を対象に、スポーツの価値とオリンピック・パラリンピック・ムーブメントをあらゆる世代の人々に広げていく国際貢献策「スポーツ・フォー・トゥモロー」。JSCはスポーツ庁・外務省をはじめ、官民合わせたオール・ジャパンの団体により構成される「スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム(SFTC)」の事務局業務を担うと共に、国際貢献事業を推進しています。

マラウイの運動会

  • SFTコンソーシアム事業局の運営
  • スポーツを通じた国際貢献・交流関連事業の国内外における実施・支援

 
 

 

 

ページトップへ