大阪かわら版 第62号(2013.10)

                                 飛出し防止看板の制作について                
     しゅうち 
京都府立須知高等学校 ~地域と共に歩む、信頼される学校づくりを目指して~

 登下校中の子どもたちが巻き込まれる交通事故は、近年相次いでおり、9月24日の京都・八幡市の事故のほかに、2012年も、京都・亀岡市で通学中の小学生ら10人が死傷する傷ましい事故がありました。また、この事態を受けて警察や教育委員会などが、全国の通学路を緊急点検し、およそ74,000カ所について、安全確保に向けた対策が必要だとして、現在、道路整備などが進められています。
そんな折、昨年度から京丹波町教育委員会管内の幼稚園・小学校・中学校に、道路への飛出し防止看板(通称“飛出し坊や”)を制作し寄贈されている高校があると聞いてお話を伺ってきました。
京都府立須知高等学校では、2年生の選択授業の美術でパブリックデザイン(公共物のデザイン)の課題に取り組まれています。その週2回の授業の中、「飛出し防止看板」を制作されていました。

 校門から学校を望む~大きなイチョウが目印~
  コンクリートブロックに立てた木製の支柱にベニヤ板を打ちつけて、京丹波町特産の栗のほか、動物や危険などをイメージしたイラストと共に「とびだすな」「車にちゅうい」「とまれ」などのメッセージが、目立つ色のペンキで描かれています。看板の形も角を無くすことで、安全への配慮もされていました。
生徒達は、集団登校の児童らの列に乗用車が突っ込み、児童らが死傷した事故が、若者が運転していた事故だったことを知り、看板作りには特に危機感を持って取り組んでいるとのこと。公共交通機関では少し不便な環境もあって、近い将来、バイクや自動車免許を取得する生徒がほとんどのため、被害者としてだけではなく加害者になる可能性があることも身近に捉えている、と指導の藤巻先生のお話でした。先生にお願いし、授業中の教室にお邪魔して、生徒達に看板の制作について話を伺いました。

制作に当たった生徒たちと看板の写真

  この看板作りは始めてから2年目ですが、一番難しいのは「デザイン」を考えることで、その後の作る作業は余裕~とのこと。生徒達に制作に当たってのコンセプトを聞いてみました。

「子どもが見るのでかわいいデザインを考えた」
「部活動でサッカーをしているので サッカーボールのイメージで作った」     
「教科書からインスピレーションを受け、京都風で文字は巻物風にした」
「危険をイメージして作った」
「熊が包帯をしているデザインは、けがをイメージした」
「ウサギのデザインは、ウサギは飛び跳ねるので飛び出しをイメージした」
スピードダウンは、運転している大人に呼びかけた」など。 
子どもを乗せて自動車を運転する親が見る事までを考えてデザインをしているところなど、普通免許を取得している取材者も顔負けのコンセプトでありながら、高校生らしいフレッシュな感覚のデザインとなっていました。

横断歩道のイメージイラスト

長谷川副校長によると、高さ1m前後の看板は、学校で購入して学校名をペイントしたブロックを土台としており、看板の材質が木であるため、古くなったものは学校で回収させていただく予定であるとのこと。寄贈してもきちんとアフターケアまで考えているところにも感心しました。

 今年度制作された「飛出し防止看板」は、10月末まで学校内で展示し、11月初旬には近くにある道の駅の交通安全ポスターの展示会でも展示を行い、その後京丹波町教育委員会へ寄贈し、そこから各町立の保育所・幼稚園・小学校・中学校に配られるそうです。

 1学年3クラス規模の特徴を生かし、地域と共に歩む学校を目指す須知高等学校、『何か地域に役立つことをしたい』、『交通事故を減らしたい』という思いからこの看板制作をされている先生と生徒さん。授業において、楽しんで取り組んでいると話してくれた生徒の言葉が心に残りました。 イチョウの奥に位置する校舎 
ぼくやわたしにもよくわかる 小学校前で活躍中の看板   丹波栗をデザインした看板
取材の帰り道、道路に置かれている須知高等学校のネーム入り“飛出し防止看板”を見つけました。この道の奥には小学校があります。今日も児童達の登下校の交通安全を見守る看板を目の当たりにし、地域に貢献し信頼される学校づくりを目指しているとおっしゃっていた先生や生徒達の良心を垣間見たような清々しい気持ちでした。

学校の管理下の「飛び出し」に関する事故事例(災害共済給付データより)

学年・性別等

場 合

方法

場所

災害発生の状況

小学1年男子(障害見舞金)

 登校中

 徒歩  道路 登校時刻に遅れそうだったため、近道をしようと横断歩道を通らず車道に飛び出した際、側溝の穴に足を取られて転倒した。

小学4年女子(医療費)

下校中  徒歩  道路 道路で、学校の門を飛び出したところ、走ってきた自転車が顔に当たり、切れた。

中学3年女子 (医療費)

 登校中  徒歩  道路 朝、遅刻しそうであったため走って登校していた。突然飛び出したため、散歩中の犬が、驚いて、左大腿部を咬んだ。

高校1年女子 (医療費)

 登校中  自転車  道路 朝、自転車で登校中に横道から飛び出してきた自転車にぶつかられ、転倒した。

 

ページトップへ