ホーム > 地域だより > 福岡地域 > 第29回 JSCの提供する統計情報等の活用に関するアンケート【佐賀県版】

第29回 JSCの提供する統計情報等の活用に関するアンケート【佐賀県版】                      

 JSCでは、災害共済給付オンライン請求システムにおいて82種類の統計帳票出力を可能にするなど、学校現場での統計情報等のデータの活用を推進しています。
また、学校安全Web上では「教材カード」や平成17年度からの障害死亡事例を検索できる「学校事故事例検索データベース」など、様々な形で学校安全支援情報を提供しています。

 今回、これらの学校安全支援情報がどのくらい活用されているのか、アンケートを行いました。
  【アンケート対象】
  ・佐賀県で開催された平成26年度福岡事務所主催災害共済給付制度説明会参加者  

 【アンケート回収数】
  ・126枚

 【アンケート回答内訳】
  ・教育委員会 5枚
  ・小学校36枚(小中併設校を含む)
  ・中学校28枚(小中・中高併設を含む)
  ・高等学校25校(中高併設を含む)
  ・その他32枚(所属未回答含む)

【問1】JSCの提供する統計情報やその他資料等をどのように活用していますか?または活用したことがありますか?(複数回答可) 

  ① 会議の資料・・・44件
  ② 研修会の資料・・・18件
  ③ 保健室だより・・・37件
  ④ ポスター等掲示物・・・36件
  ⑤ その他・・・7件

会議の資料に使われている方が多いようです。それ以外にも、保健室だよりやポスターなどの掲示物にも利用されているようですね。また、「活用したことがない」という方が15名いらっしゃいました。

【問2】問1の統計情報等は以下の何れを活用しましたか?(複数回答可)

  ① オンライン請求システムの統計情報・・・54件
  ② 学校安全Web・・・32件
  ③ JSCの刊行物・・・23件
  ④ JSCへ情報提供の依頼を行って得た資料・・・1件
  ⑤ その他・・・1件

一番多かったのがオンライン請求システムの統計情報で、そのあとに学校安全Web、JSCの刊行物と続きます。その他では、教材カード等を活用されているという方もいらっしゃいました。

【問3】統計情報について、どのような統計情報があれば学校で活用しやすいか、ご意見・ご要望などがございましたらお聞かせ下さい。

 ●以下のようなご意見・ご要望がありました(一部を抜粋)
  ・競技種目別の疾病・災害発生時間
  ・よくありそうな事故事例やトラブル例
  ・普通科、工業科、商業科など、学科別の統計があると比較しやすい
  ・よくある怪我には、地域性があるのか(例えば、この地区の小中高では骨折者が多いか等)

 今回のアンケートは、何かで情報を活用したことがある方向けのアンケートでしたが、「そういう情報があることを知らなかったので、今後活用していきたい」と書いている方もおり、我々JSCも情報の認知度をさらに上げる必要性を痛感しました。
 また、いただいたご意見・ご要望については、今後の学校安全支援事業に出来る限り反映させていきたいと思います。

 佐賀県の先生方、アンケートへのご協力ありがとうございました。

【関連ページ】
第27回 JSCの提供する情報活用事例~福岡県立門司学園高等学校~

 

ページトップへ