ホーム > 学校安全支援とは > 学校給食の衛生管理 > 検査情報 > 調理室の細菌検査 【拭取り法】結果を判定する

調理室の細菌検査 【拭取り法】結果を判定する

1 検査計画を立てる2 器具を用意する3 検体を採取する4 検体を培養する5 結果を判定する6 資料を作成する
 
(1)培地に発育したコロニーを数えます。
(発育コロニー例)  
(発育コロニー例)大腸菌群 大腸菌群用発色酵素基質入り培地では、青緑色のコロニーが発育します。

《注意》
発育するコロニーの色は、使用する培地の組成によって異なります。培地の説明書をよく確認してください。
大腸菌群  
(2)菌数を求めます。
菌数は、次のように計算します。
(a) 拭取りの場合
(コロニー数÷滴下液量)×希釈倍率=大腸菌群数/100平方cm
*試料原液をそのまま塗抹する場合、拭取りの希釈倍率は10倍です。
(b) 液体の場合
コロニー数÷滴下液量=大腸菌群数/ml
コロニーが数えられない場合は、下の写真を参考に「++」、「+++」等、ランクづけをして記入しておきます。
大腸菌群数の目安(拭取りの場合)
菌数0個 菌数10 菌数10 菌数10
(―) (+) (++) (+++)
(―) (+) (++) (+++)
菌数は、100平方cm当たりに換算した値です。

ページトップへ