検査情報  -調理室の細菌検査-

 当センターでは、全国の調理室の拭取り検査を実施し、細菌性食中毒の防止に努めています。
調理室の細菌検査を行って汚染の状況を目に見える形で確認すると、日々の作業の問題点を把握し、的確な改善を行うことができます。また、学校給食従事者 の衛生教育も効果的に実施することができます。拭取り検査の方法については、当センター主催の「食の安全に関する実技講習会」で講習していますのでご参加 ください。
 調理室の細菌検査の拭取り検査とスタンプ培地を使用する方法をご紹介します。
 
調理室の細菌検査
【 拭取り法 】   【 スタンプ法 】
1 検査計画を立てる
2 器具を用意する
3 検体を採取する
4 検体を培養する
5 結果を判定する
6 資料を作成する
1 検査計画を立てる
2 器具を用意する
3 検体を採取する
4 検体を培養する
5 結果を判定する
6 資料を作成する
 
細菌検査の方法
1. 細菌検査の方法1器具や、食品、手指など、食中毒菌が付着している恐れのあるものの表面から
(1)滅菌した綿棒で拭取る
(2)スタンプ培地を押し付ける
などの方法で検体を採取します。
また、洗浄水や残り水などは、液体を滅菌スポイトで採取します。
2. 細菌検査の方法2採取した検体を培地に塗抹し、ふらん器で培養します。スタンプ培地はふたをして、そのままふらん器で培養します。
3. 細菌検査の方法3-2細菌検査の方法3-1結果を判定します。
4. 細菌検査の方法4-2細菌検査の方法4-1資料を作成します。
 

 

ページトップへ