徳島県

ゆで干し芋の小倉煮
ゆで干し芋の小倉煮の写真
さつまいもを収穫すると、縁の下にいも風呂というものを作って保存したが、もっと長期に保存しようと考え 出したのがゆで干し芋である。作り方は、さつまいもをゆでて縄に通し家の軒下につり陽に干す。普段は、ゆで干し芋をそのままか煮て食べるが、小豆を入れた 小倉煮。
◆ 材料
ゆで干し芋 30g
あずき 15g
砂糖 25g
少々
※児童生徒1人分の分量で す。
約243kcal
◆ 作り方
1. ゆで干し芋は水につけておく。
2. あずきはやわらかくなるまでゆでておく。
3. ゆで干し芋はやわらかく煮て、あずきを入れて、砂糖、塩を加えて水分がなくなるまで煮る。
一覧ページに戻る
こけらずし
こけらずしの写真
◆ 材料
精白米 90g
にんじん 10g
しいたけ 2g
かんぴょう 3g
こんにゃく 15g
金時豆 20g
食酢 14g
1.4g
砂糖 15g
しょうゆ 4g
ゆずの皮 5g
米粉 5g
※児童生徒1人分の分量で す。
約472kcal
◆ 作り方
1. にんじん、しいたけ、かんぴょう、こんにゃくをせん切りにして味付けする。金時豆も味付けして全部 まぜあわせておく。
2. すし飯をつくり、木枠にすし飯、具、すし飯の順につめて、おしぬく。
3. 上に金時豆と、ゆずの皮の細切り、米粉を飾る。

ページトップへ