栃木県

かんぴょうの炒り煮
かんぴょうの炒り煮の写真
かんぴょう→ゆうがおの果肉を細長くむいて乾燥したもの。昔は京都の木津が名産地。このため京阪地方では 今でも「キヅ」とよぶ。現在では栃木県が全国一の生産地である。
◆ 材料
干しかんぴょう 10g
豚肉 30g
油揚げ 10g
干ししいたけ 2g
たけのこ 10g
植物油 1g
みりん 2g
砂糖 2g
しょうゆ 3g
※児童生徒1人分の分量で す。
約197kcal
◆ 作り方
1. かんぴょうは水洗いして塩もみしてから茹で、4cm長さに切っておく。
2. 油揚げはたんざくに切り、熱湯で油抜きをしておく。
3. 干ししいたけは水でもどしてせん切りにする。
4. 豚肉は一口くらいの大きさに切る。
5. たけのこはいちょう切りにする。
6. 油を熱し、豚肉を炒めて色が変わってから他の材料を入れ、砂糖、みりん、水を入れてからしばらく煮 る。
7. しょうゆを入れて味をととのえ、やわらかくなるまで煮る。

ページトップへ