秋田県

山菜飯
山菜飯の写真
山菜、きのこの豊富な地域により、昔から冬は山菜をとりだして、いろいろな料理をして食べてきた。それが この土地の食生活をささえてきた、と言っても過言ではない。山菜とは、切っても切れない土地がらである。
◆ 材料
精白米 70g
もちごめ 10g
たけのこ
(ささたけのこ)
10g
くり甘露煮 15g
ごぼう 5g
干ししいたけ 1g
もどしぜんまい 10g
油揚げ 5g
にんじん 10g
グリンピース 4g
サラダ油 1g
1g
みりん 1.5g
しょうゆ 3g
※児童生徒1人分の分量で す。
約371kcal
◆ 作り方
1. 米はふつうにといでおく。
2. たけのこは斜め切り、ぜんまいは2cm位に切り、油揚げは、千切り、ごぼう、にんじんはささがきと する。干ししいたけはもどし、千切りにする。
3. なべにサラダ油を熱し、2.の具を炒める。
4. 米に分量の水、調味料を入れ、くり、炒めた具をのせて炊く。
5. たきあがってからグリンピースを混ぜる。
一覧ページに戻る
きりたんぽ汁
きりたんぽ汁の写真
きりたんぽは、食生活の知恵から生まれた山料理である。南部藩主が秋田県北部の鹿角を巡視することにな り、地元では急ぎの饗応(きょうおう)の必要に迫られた。そこでマタギやキコリが山に持っていくワッパ(弁当)の飯をこね、棒の先につけてたき火で焼き、 みそをつけて差し上げたのがはじまりである。きりたんぽとだんご状の2種類がある。
◆ 材料
米(きりたんぽ) 100g
*魚すり身 20g
*しらす干 20g
*ふじっこ 1g
*ごぼう 3g
*にんじん 3g
*生姜汁・酒・塩  
*こしょう  
*鶏ひきにく 20g
ねぎ 20g
せり 10g
なめこ 15g
しらたき 20g
豆腐 45g
和風だし  
しょうゆ  
*はだんごの材料です。
※児童生徒1人分の分量で す。
約356kcal
◆ 作り方
1. きりたんぽは2つに切っておく。
2. しらたきは熱湯に入れてゆで、切っておく。
3. しらす干、ふじっこは湯でもどしてからみじん切りにする。
4. にんじん、ごぼうをみじん切りにする。
5. 魚のすり身と鶏ひきにくに4.を加え、生姜汁、酒、塩、こしょうを 加え、一口団子を作る。
6. 鍋に水を入れ、一口団子を入れ、糸こんにゃくを入れ調味する。切っ た豆腐、なめこ、きりたんぽ、ねぎ、せりを入れ、ひと煮たちさせて盛りつける。

ページトップへ