学校の管理下における 歯・口のけが防止必携

 

 
応急手当
 歯・口腔こうくうの傷害は、交通事故などの場合には、脳を守っている脳頭蓋に近接した傷害のため、骨折の状況などでは重篤な問題が発生することもある。しかし、スポーツによる外傷では、そのような重篤な状態になることはほとんどないので、子どもに不安を与えないよう落ち着いて対応すればよい。基本的に、歯が抜けても、適切な対応をとれば再植といって、元の位置に歯を戻すことが可能である。スポーツ外傷によって失われる歯は前歯なので、再植できるか、再植できないかは、その子どもにとっても大きな問題となる。また、顔や口唇の外傷も醜形を残したりしないように適切に処置したい。
 
 
 

 スポーツ外傷の発生部位は、ほとんどが上 顎骨 がっこつ 、下顎骨、鼻骨など顔の前のほうに集中している。人の顔面は、脳の入っている脳頭蓋を守るために、外部からのショックを細かく吸収するよう多くの骨が縫合で結合しており、骨折することで、ある意味では脳を守っているといえる。

(1)イラストで流れを確認しよう

 
1.倒れている友達を発見!
  ① 意識の確認
    「どうしたの?大丈夫?大丈夫?」
    「聞こえますか?聞こえますか?」
  ② 呼吸の確認
    ※鼻の下に顔を近づけて
  ③ 脈の触知
2.心肺機能・意識も正常の場合う
    「あっ!歯が落ちてる!」
  ・出血量は多いか、止まらないか、多数歯か
  → 救急要請 口腔外科へ搬送依頼
  ・出血量は少ない、止まっている、1 ~ 2 本
  → 歯を拾って
①「歯の保存液」「牛乳」に浸漬
② 学校歯科医に連絡
     
3.脱落した歯について
  「歯根が大切です」
  脱落した歯が再植できるかどうかは歯根に付着
している歯根膜細胞が生きていることが条件で
ある。
  → 歯根(歯の根元の部分)は触らない
→ 子どもが落ち着いていれば、そして脱
落した歯が清潔ならば、その場で差し込んでもよい
     
4.歯科医院へ急ぐ
  「抜けた歯も、かけた歯も持っていこう」
  → 抜けた場合、保存液に浸してなければ30分以内に歯科医院へ
→ かけた歯のかけらも大きければ使える
→ 「歯の保存液」の場合はあわてる必要はないが、再植は早い方がよい















 

戻る
目次
次へ

ページトップへ