ホーム > 研修案内・情報提供 > 登山に関する情報提供

登山に関する情報提供

調査研究

登山研修


登山に関する最新の知見や技術等に関する論文や報告、そしてその年の卓越した登山記録等をまとめ、毎年『登山研修』というジャーナル(定期刊行物)を発行しています。 

最新号: 登山研修VOL.36  → アンケートにご協力ください。入力フォームはこちら
バックナンバーはこちら

全国山岳遭難対策協議会

全国山岳遭難対策協議会は独立行政法人日本スポーツ振興センター国立登山研修所をはじめ、スポーツ庁や公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会等と主催しており、昭和39年から毎年開催しています。

情報提供

高等学校登山指導者用テキスト

高等学校等山岳部を指導する顧問(指導者)向けのテキストです。
安全で楽しい登山を目指して~高等学校登山指導者用テキスト~

高校山岳部 生徒用ハンドブック

高等学校等の山岳部等で活動する生徒向けのハンドブックです。
高校山岳部はじめの一歩~知って楽しむ登山の魅力  学んで避けよう登山のリスク~

 

研修会指導指針・指導要項

国立登山研修所研修会・講習会指導要項
国立登山研修所研修会・講習会の研修内容や指導指針等
別表Ⅰ[研修実施内容一覧表]登山リーダー研修会(春山・夏山・冬山)
別表Ⅱ[研修実施内容一覧表]高等学校等登山指導者夏山研修会,積雪期登山基礎講習会,安全登山指導者研修会  
 

講義資料

講師が研修会用に作成した資料です。伝達講習等で使用される場合は「サイトのご利用について」を必ずお読みいただいた上で、当研修所までご連絡ください。

「安全登山の仕組みとプランニング」 名古屋工業大学教授:北村憲彦 氏

「コンパス操作練習課題」 豊川山岳会:河合芳尚 氏 

「登山中にトラブルを起こさないための身体の知識とトレーニングの方法」
                        鹿屋体育大学スポーツトレーニング教育研究センター長:山本正嘉 氏

「夏山の気象雪氷」 富山県立山カルデラ砂防博物館学芸課長:飯田 肇 氏 

「確保理論テキスト」 国立登山研修所 友の会



12月19日~20日に開催した安全登山オンラインセミナーの講義資料を掲載いたします。

「PDCAサイクル-計画の立て方と進め方-」 名古屋工業大学教授:北村憲彦 氏


「登山の運動生理学~登山体をつくる効果的な方法①~」 株式会社ミウラ・ドルフィンズ:安藤 真由子 氏

「登山の運動生理学~登山体をつくる効果的な方法②~」 株式会社ミウラ・ドルフィンズ:安藤 真由子 氏


映像資料

登山中の身のこなしをよくする「登山体操」 
鹿屋体育大学・スポーツトレーニング教育研究センター長:山本正嘉氏

  ・「基本バージョン」(正面から) ⇒ ダウンロード
  ・「すこやかバージョン」(正面から) ⇒ ダウンロード
  ・「基本バージョン」(後方から)   ⇒ ダウンロード  
  ・「すこやかバージョン」(後方から)   ⇒ ダウンロード 
  ※「すこやかバージョン」は、一部の動きをゆっくりにしたものです。

 ※「登山研修Vol.34」内、山本正嘉氏執筆の「登山の身のこなしをよくする『登山体操』の紹介」をあわせてお読みください。

 ※コンドルズバージョンが期間限定で配信されています。



研修会で行われた講義の動画です。


「安全登山の基本」  名古屋工業大学教授:北村憲彦 氏

「安全登山の仕組みとプランニング」  名古屋工業大学教授:北村憲彦 氏

「積雪と雪崩」  富山県立山カルデラ砂防博物館学芸課長:飯田 肇 氏

「高校生の安全な登山について-那須雪崩事故検証委員会の提言-」  長野県大町岳陽高等学校教論:大西 浩 氏

 

ヒヤリ・ハット事例集

高等学校の登山部等で生徒を指導されている方々が体験された、ヒヤリ・ハットの事例を集めたものです。

病気・怪我  転落・落石  悪天候・雪崩  道迷い  装備  動物・虫  その他

安全登山ハンドブック

安全に登山を行うための情報が掲載されている冊子です。  ※公益社団法人日本山岳ガイド協会と協力して作成しています  ※ダウンロードも可能ですが、冊子が必要な方は国立登山研修所(TEL:076-482-1212)までご相談ください。
安全登山ハンドブック2021
安全登山ハンドブック2021

ページトップへ