ホーム > 学校現場での取組(事故防止対策) > 仙台地域 > 学校現場での取組(事故防止対策) 仙台第56号(2018.09)

学校現場での取組(事故防止対策) 仙台第56号(2018.09)

事故防止情報の活用事例
~山形県教育委員会~

1 新規採用養護教諭研修における活用

 山形県教育委員会では、毎年度、新規採用養護教諭研修を年5回に分け実施しています。今回は、平成30年5月8日(火)に山形県教育センターで開催された第2回研修の「危機管理への対応」(受講者24名)においてグループワークが実施され、資料として、独立行政法人日本スポーツ振興センター(以下「JSC」という)発行の「学校の管理下の災害」から、災害統計データ及び事故防止の留意点を活用いただきましたので報告させていただきます。
 
第2回研修において、受講者24名が講師の説明を聴講している様子
 

【「学校の管理下の災害」とは・・・】

 まずは刊行物を紹介します。            
 JSCでは、学校の管理下における児童生徒等の災害(負傷・疾病、障害又は死亡)に対して災害共済給付(医療費、障害見舞金又は死亡見舞金の支給)を行っています。
 また、災害共済給付業務によって得られる事例の収集、分析、調査研究、関連情報の提供など児童生徒等の安全を確保するための支援業務を行い、研究成果の公表・普及活動を行っています。
 本書は、災害共済給付を行う際に得られたデータの結果をまとめたものです。
 第一編は、「死亡見舞金」「障害見舞金」「供花料」を支給した全事例を整理、分類し、発生状況と「学校生活における事故防止の留意点」を掲載しました。
 第二編は、医療費(負傷・疾病)の件数について、災害傾向を把握するために、各学校種別に発生の状況と帳票を掲載しました。
学校の管理下の災害[平成29年版]の表紙画像
 

【研修「危機管理について」】

 研修では、初めに学校危機管理の目的やプロセスについての説明がなされました。危機管理には事前の危機管理(リスク・マネジメント)と事後の危機管理(クライシス・マネジメント)があり、近年は想定外の災害や事件にも対応しなければならないため、非常に重要な取組となります。
 
学校危機管理のプロセス(研修で配布された資料より抜粋)
 リスク・マネジメント
 1 危機の予知・予測
   過去に発生した自校や他校の事例から、原因や経過を分析・検討することにより、発生の前兆等を明らかにし、危機の
   予測に努める。
 2 未然防止に向けた取組
   施設・設備の定期的な点検や各種訓練等により未然防止に向けた取組を行う。

 クライシス・マネジメント
 1 緊急事態発生時の対応
   学校の危機管理マニュアルに沿って、適切かつ迅速に対処し、被害を最小限にとどめる。
   2 対応の評価と再発防止に向けた取組
   緊急事態発生時の対応を事態収拾後に総括し、教育再開の準備や再発防止対策、心のケアなど必要な対策を講じる。
 

【研修「学校の管理下の災害(けが)について」】 

 続いて学校種ごとの災害の統計をグラフにして、いつ、どのようなけがが多いのかなどについて説明がなされました。また、小・中・高の学校種で災害が多い運動を問題形式にして回答を考えてもらうなど工夫も凝らしています。
 
<配布資料>
学校の管理下の災害(けが)について「学校の管理下の災害[平成28年版]のデータを利用して作成した種類別発生割合の横棒グラフ 総数 骨折25.2%,捻挫19.9%,脱臼3.8%,挫傷・打撲28.5% 挫創5%,負傷その他9.8%,関節・筋健・骨疾患3.9% 熱中症0.4%,疾病その他3.5% 小学校 骨折23.7%,捻挫17.3%,脱臼3.8%,挫傷・打撲32.3% 挫創7%,負傷その他10.2%,関節・筋健・骨疾患1.5% 熱中症0.1%,疾病その他4.1% 中学校 骨折29%,捻挫22.9%,脱臼2.2%,挫傷・打撲27.2% 挫創2.8%,負傷その他7.8%,関節・筋健・骨疾患5.0% 熱中症0.5%,疾病その他2.6% 高等学校 骨折25%,捻挫23.1%,脱臼3.5%,挫傷・打撲24.7% 挫創3%,負傷その他10.6%,関節・筋健・骨疾患6.3% 熱中症0.8%,疾病その他3.0%
 
<配布資料>
学校の管理下の災害(けが)について 「学校の管理下の災害[平成28年版]」のデータを利用して作成した運動指導内容別の穴埋め問題 小学校 1位跳び箱 2位空欄 3位空欄 中学校 1位空欄 2位空欄 3位バレーボール 全体の7割が空欄 高等学校 1位空欄 2位空欄 3位野球 全体の8割が空欄
 
 「学校の管理下の災害」には、有識者による「学校生活における事故防止の留意点」が掲載されていますので、その内容についても説明がなされました。 
 
<配布資料>
学校における事故発生の留意点(小・中・高等学校) 「学校の管理下の災害[平成26年版]」から抜粋して掲載 (1)事故が起きやすい場面を予測する ※子どもの気持ちが会報されたときや興奮気味の状態にあるとき ※狭い場所にこどもが 集中したとき、違う目的をもった子ども達が同時に活動しているとき、急いでいるとき、教員の目が届かないときなど (2)教師の危機管理意識を高める ※事故が起きやすい場面を予測する。協議特性を知る。 ※事例から学ぶ (3)児童生徒の危険回避能力を育成する ※繰り返し指導をする。 
 

【研修「演習・卓上訓練」】

 研修の最後は演習が行われました。事前に用意された災害の事例について、災害発生時から事後措置までの対応をグループごとに話し合い、模造紙へ対応事項について記載した付箋を貼付します。その後、グループごとに発表し合い、お互いに対応策を共有します。グループごとにアイディアが異なるため、さまざまな対応策が出され気付かされることもあります。
 
受講者24名が演習・卓上訓練でグループごとに話し合っている様子
 
演習・卓上訓練において例示された災害事例 中学校 3年男子 昼休み 昼休み体育館で鬼ごっこをしており、ステージからフロアに逃げる際、右足を捻りながら着地した。体育館で動けない生徒がいると連絡あり。対応は?
 
模造紙に貼られた対応策の付箋の全体像 対応策の付箋の一部 事後処置,状況確認,担任・本人・友達・目撃者,保護者へ連絡,再発防止,指導・安全点検,報告,管理職・学年主任・保護者(相手の)
   
模造紙に貼られた対応策の付箋の全体像 対応策の付箋の一部 スポーツ振興センター報告,保健指導,持病の受診勧告,職員のふりかえり,安全管理
 

【研修後のアンケートより】

□ 危機はとても身近なところに潜んでおり、日々のリスク管理の重要性を感じた。
□ 学校でのけがを未然に防ぐためにも、危機の予知や予測が大切だと感じた。
□ 小学校では、休み時間中の擦り傷や打撲が多く、部位は上肢部、頭部、顔部が多いと知り、それらに対応していく必要があると感じた。
□ 中学校のけがでは、球技が7割を占めていることから、危険を予測し未然防止やけがが軽く済むような体制を整える必要があると思った。
□ 事故が起きやすい場面を予測したり、教師の危機管理意識を高めていくことが、事故発生の防止やより良い対応につながることを学んだ。
□ 全職員で共通理解のもと、子どもたちの安全を守っていきたい。
 

2 「運動部活動指導者の手引き【必携】」への活用

 山形県教育委員会では、平成30年3月に「運動部活動指導者の手引き【必携】」を作成し、県内の公立中学校・高等学校の部活動外部指導者に配布しました。手引きには、JSCの各種事故防止情報を掲載いただき、事故防止や応急手当などに活用いただいております。
 また、部活動指導員を対象とした研修会においても、この手引きを使用したとのことです。
「運動部活動外部指導者の手引き【必携】」の表紙画像
運動部活動指導者の手引き【必携】の中身の画像 学校安全WEBより器具や設備における事故について及び生徒が心肺蘇生を行った事例の教材カードの画像とスポーツ事故防止ハンドブックより事故が発生した場合の連絡体制のフローチャートの画像
 

3 放課後児童支援員の認定資格研修資料等への活用

 また、山形県教育委員会では、放課後児童クラブに配置が義務付けられている放課後児童支援員の認定資格研修の資料に、「学校の管理下の災害」の統計情報を利用し作成した問題形式のグラフを取り入れたり、「教材カード」、「スポーツ事故防止ハンドブック」の中から必要な情報を研修で活用いただいています。
その他、中学校保健体育科の初任者研修においても、事故防止資料等を基に、実態の把握と具体的な対策を協議したりしているそうです。
 
<配布資料>
放課後児童支援員の認定資格研修資料の画像 「学校の管理下の災害[平成28年版]」のデータを利用して作成した円グラフの穴埋め問題 小学生に多い多いけがの種類別発生の割合 23.7%空欄,17.3%空欄,3.8%脱臼,32.3%空欄,10.2%負傷その他 7.0%挫創,0.1%熱中症,4.1%疾病その他 小学生がけがをしやすい部位別発生の割合 8.8%空欄,24.4%空欄,6%体幹部,33.8%空欄,25.7%空欄 1.3%その他
 
<配布資料>
放課後児童支援員の認定資格研修資料の画像 学校安全WEBより歯・口のけが防止についての教材カードの画像とスポーツ事故防止ハンドブックの中の熱中症対応フローの画像
 

【JSCの事故防止情報についての感想や要望等】 

〈「学校の管理下の災害」について〉
□ クロス集計により、さまざまな角度から分析できる。
□ リスク・マネジメントの資料として有効である。
□ 膨大なデータを基に事故防止の留意点が分析されており大変参考になる。
□ 具体的な事例からシミュレーションができる。
□ けがの特徴を知ることで、予防や事前の準備が可能になり、リスクを最小限に食い止めることができる。
〈その他〉
□ 学校現場においては、じっくりとデータに向き合うことは困難かもしれませんが、具体的な活用事例があれば参考になると思います。

 

【取材を終えて】

 新規採用養護教諭研修の資料として配布された「 学校危機管理のプロセス」の中には、「過去に発生した自校や他校の事例から、原因や経過を分析・検討する」「再発防止対策、心のケアなど必要な対策を講じる」といったことが記載されております。
 今回紹介させていただいた研修では、さまざまな事例を想定し、事例ごとにどのような対応が必要となるかの演習もありました。こういった事前の演習が、実際に事故が起こった際の迅速かつ適切な対応へとつながると思います。
 養護教諭だけでなく、全職員が学校危機管理のプロセスを理解し、事故の未然防止・再発防止に努めていただくことが重要だと思いました。
 学校安全Webの「学校事故事例検索データベース」や「学校の管理下の災害」で事例を検索し原因等を分析したり、「学校現場の取組(事故防止対策)」に掲載している学校における災害後の再発防止対策事例を参考にしていただき、他の学校でも同様の取組が行われ、事故防止に結び付くことを期待しております。
 

【お願い】

 JSCが提供している事故防止情報を活用している先生方がおられましたら、ウェブサイト等で共有したいと考えておりますので、是非、担当地域事務所にご一報ください。お待ちしております。







 

ページトップへ