ホーム > お知らせ

お知らせ

2022年09月14日

【注意喚起】令和4年夏期における山岳遭難の概況について

警察庁から令和4年夏季(7月・8月)における全国の山岳遭難の概況が示されました。

新型コロナウイルス禍の行動制限が緩和され、人手が増えたことが影響し、山岳遭難件数(668件)と遭難者数(786人)はいずれも1968年の統計開始以来2018年に次いで2番目に多くなっています。

遭難者786人のうち、50歳代が161人(20.5%)と最も多く、全体の74.4%が40歳以上の中高年齢層で、態様別では、道迷いが174人(22.1%)と最も多く、次いで転倒が171人(21.8%)となっています。

山岳遭難の多くは、天候に関する不適切な判断や、不十分な装備で体力的に無理な計画を立てるなど、知識・経験・体力の不足等が原因で発生していることから、遭難を未然に防ぐためには、的確な登山計画と万全な装備など、入念な事前準備を心がけて下さい。

令和4年における山岳遭難の概況>(警察庁ホームページへリンク)

安全登山ハンドブック2022>(PDF:4.6MB)

国立登山研修所周辺の天気

9月30日
8:00

晴れ

気温     18℃
積雪      0cm
(標高480m)
           
冬山前進基地
                         
気温     12℃
積雪    0cm
(標高1310m)    

登山関連リンク集

日本スポーツ振興センターフェイスブックのバナー クリックするとフェイスブックページにリンクします

日本スポーツ振興センター公式ツイッターのバナー クリックするとツイッターにリンクします

日本スポーツ振興センター公式インスタグラムのバナー クリックするとインスタグラムにリンクします

ページトップへ