ホーム > 地域だより > 東京地域 > 第72回 自分たちでけがをへらそう -埼玉県川口市立十二月田小学校・中学校-

第72回 自分たちでけがをへらそう -埼玉県川口市立十二月田小学校・中学校-

 ​​​​​​「十二月田学校のけがをへらそう!」というテーマで活動している十二月田(しわすだ)小・中学校の合同学校保健委員会で、講師としてけが防止についての話をさせていただき、併せて小中合同学校保健委員会の取材をしてきました。

 この保健委員会では「けがをへらす」ことをテーマに自校の平成25年の9月~10月のけがの状況の調査やアンケートを行い、学年、場所、曜日、負傷別、保健室に来た時間、思い当たる原因(中学校は部位も)をグラフにしました。その結果から「けが」が多い理由や「けがをへらす」にはどのようにしたらよいか等を考え、発表しました。
 
 児童の発表の様子  たとえば、小学校では、水曜日のけがによる来室が他の曜日より多い理由は、図書室が休みで、月・水・金曜日はサッカーをしてよい日でもあり、低学年のパワーアップタイム(体力づくりのための時間)があるからという考察でした。

 中学校では、3年生のけがが多いのは、この時期、部活動を引退した後で、体力が落ち、運動不足になっているところに運動会の練習をしてケガをしたのではないか等の分析をしていました。
 また、以前に行った調査で水曜日にけがが多かったので、注意を呼びかけたところ、水曜日のけがは減ったが、今度は木曜日のけがが増えてしまったので、更に注意を呼びかけたいとのことでした。
 生徒の発表の様子
 当センターの学校安全に関するイラスト(ホームページ「学校安全Web」から無料ダウンロード可能) を上手に利用し、発表資料を作成していました。  センターのイラストを使用した発表資料

 事故データについてじっと聞き入る児童生徒たち  センター職員は、「埼玉県内のけがの実態とその留意点」と題して、話しをしました。
 埼玉県、全国のけがのデータを聞きながら、自分たちの調査結果と比べているようで、じっと聞き入ってくれました。 
 また、講師として他校の先生が、けがの実態をふまえ、『けがを予防する』ための運動とストレッチの方法を紹介し、実技指導をしました。
 実際にストレッチを行う児童生徒たち

学校保健委員会(中学校)感想より
 (1年)

   ・今日は小学校、中学校のけがやデータを見て、いつ、どんな時に、どんな理由からけがをすることが多

いという細かいことまでよくわかりました。クラスや学年に今日、私が学んだことをしっかり伝え、少

しでも十二月田学校のけがを減らすことができたらいいなと思います。

   ・ほくは、けがをしている人を多く見ているのですが、どこでどういうふうにけがしているのかがわかり

ませんでした。発表を聞いて、それがわかりました。ぼくは、けがをしている人達は大体、教室以外で

起きているのかなと思っていたけど、ランキングを聞いたら、教室が3位に入っていました。理由は

走っている人がいて、それにぶつかってけがをしている人が多いといわれました。ぼくのクラスにも

走っている人を見かけます。なので、これから走っている人をみかけたら注意をして落ち着いた生活が

できるように呼びかけます。そして、生活目標を守るようにも呼びかけます。

  (2年)

   ・今回のテーマは「十二月田学校のけがをへらそう!」で、講師の方のお話はとても参考になりました。

けがについて深く考えることはあまりしてこなかったのですが、けがの原因に不注意が多くて自分たち

で防ぐことができるんだなと改めて思いました。途中に、体を動かすこともあって、とても楽しく学ぶ
              ことができました。


 十二月田小・中学校では、 「応急手当(心肺蘇生)カード(平成23年7月No.4)」を体育館に、教材カード 「せいけつな手あらいをマスターしよう(平成25年12月No.9)」を水道場に、 「しっかり食べよう朝ごはん!(平成24年7月No.4)」を配膳室前に掲示するなど、センターの教材がさまざまな場所で活用されていました。
 教材カードを校内に掲示して活用している様子
 今回の委員会を踏まえて、3学期に「けがの防止に関する取組」を計画し、実施予定だそうです。
 
 おわりに
この十二月田小中学校の児童生徒は、保健委員会の活動を通して、校内のけがの実態を知り、その原因を探り、減らすにはどうしたらいいかということに自ら気付くことができたのではと感じました。この「気付き」が今後の事故防止に大いに役立つことだと思います。
センター職員として、学校からの報告を基に蓄積された災害共済給付データ示すことができ、学校事故災害防止のお手伝いの一役が担えたのではないかと自負しています。保健委員会での内容は、十二月田小学校・中学校の保健だより等でも紹介されました。
十二月田小・中学校は、まだまだ「けがをへらす」ことに貪欲です!!

 

ページトップへ