学校給食の歴史

| 明治 | 大正 | 昭和 | 平成 |
西暦 和暦   学校給食での出来事 社会全体の出来事
1889 明治22年 山形県で最初の学校給食実施 大日本帝国憲法発布
日露戦争(1904)
1907 明治40年 広島・秋田で学校給食実施
1911 明治44年 岩手県・静岡県・岡山県で学校給食実施 不平等条約改正
パナマ運河開通(1913)
1914 大正3年 東京・私立栄養研究所が付近の児童へ学校給食実施 第1次世界大戦
のちの夏の高校野球始まる(1915)
ベルサイユ条約・米騒動(1918)
1919 大正8年 東京府直轄の小学校でパンによる学校給食実施
箱根駅伝始まる(1920)
1923 大正12年 文部次官通牒で学校給食が奨励される 関東大震災
織田幹雄、日本初の五輪金メダル(1928)
世界恐慌(1929)
満州事変(1931)
 
1932 昭和7年 国庫補助による貧困児童救済のための学校給食実施 5.15事件
日本初のプロ野球球団(1934)
日中戦争(1937)
第2次世界大戦(1939)
 
1940 昭和15年 文部省訓令で、対象がさらに広がる
太平洋戦争(1941)
1944 昭和19年 6大都市で、特別配給物資による学校給食実施
ポツダム宣言を受諾し降伏(1945)
1946 昭和21年 戦後の学校給食の方針が打ち出される
1947 昭和22年 ララ物資による学校給食 日本国憲法施行
1949 昭和24年 ユニセフ給食開始 湯川秀樹に日本人初のノーベル賞
1950 昭和25年 8大都市で完全給食が実施 朝鮮戦争
1951 昭和26年 ガリオア資金打ち切りによる学校給食の危機 サンフランシスコ平和条約
テレビ放送始まる(1953)
1954 昭和29年 「学校給食法」制定 ビキニ水爆実験で第五福竜丸被爆
1956 昭和31年 中学校・夜間高校についても法律による給食の対象に 日ソ共同宣言・日本の国連加盟
南極観測始まる
経済白書「もはや戦後ではない」
1957 昭和32年 養護学校等についても法律による給食の対象に 世界初の人工衛星打ち上げ
皇太子御成婚(1959)
安保闘争・所得倍増計画(1960)
 
1961 昭和36年 へき地等に対する補助制度ができる ガガーリン、世界初の有人宇宙飛行
1964 昭和39年 学校給食への牛乳の本格供給 東京オリンピック
東海道新幹線開通
1966 昭和41年 高度へき地学校に対してパン・ミルクの無償給食実施
公害対策基本法成立(1967)
アポロ11号月面着陸(1969)
 
1970 昭和45年 米類の利用実験 大阪万国博覧会
1972 昭和47年 沖縄の本土復帰で学校給食予算が計上 札幌オリンピック
石油ショック(1973)
ベトナム戦争・サイゴン陥落(1975)
 
1976 昭和51年 米飯給食がはじまる ロッキード事件
東京ディズニーランド開業(1983)
筑波科学万博(1985)
 
1988 昭和63年 余剰教室のランチルーム使用が国の予算化 東京ドーム完成
リクルート事件
1989 平成元年 学校給食100周年 昭和天皇崩御
ベルリンの壁崩壊
湾岸戦争・ソ連崩壊(1991)
Jリーグ開幕(1993)
 
1995 平成7年 阪神大震災で学校給食施設を使用した炊き出し 阪神・淡路大震災
地下鉄サリン事件
1996 平成8年 O157食中毒事件が起きる
1997 平成9年 「学校給食衛生管理の基準」の制定
1998 平成10年 学校栄養職員による「食に関する指導」の推進 長野オリンピック
2000 平成12年 食生活指針等の決定 toto販売開始(2001)
2004 平成16年 「食に関する指導体制の整備について」の答申が出される アテネ五輪メダルラッシュ
2005 平成17年 栄養教諭制度の実施

 

 

ページトップへ