ホーム > 事業紹介 > 国際競技力向上のための研究と支援 > 研究情報の公開(オプトアウト)について

研究情報の公開(オプトアウト)について

国立スポーツ科学センター スポーツメディカルセンター研究情報の公開(オプトアウト)について


 国立スポーツ科学センターでは様々な医科学研究を実施しています。通常、臨床的な医科学研究を実施する場合には文書、もしくは口頭で研究内容の説明を行い、同意を得て実施します。一般的に同意には文書による同意と口頭による同意がありますが、さらにこれらの同意と異なり、研究の対象となる方々の意思表示を認識するための適切な同意という方法があります。
 臨床研究のうち観察研究においては、研究対象者への侵襲や介入がなく、診療情報などのみを用いて行う研究については、研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を周知し、公開し、可能な限り拒否の機会を保障することが必要とされています。このような手法を「オプトアウト」と言います。
下記にオプトアウトを用いた臨床研究の一覧を提示します。研究のためにご自身のデータが使用されることを望まれない方は、各研究担当者までお知らせください。

国立スポーツ科学センター長 久木留 毅
スポーツメディカルセンター長 奥脇 透


研究課題名

ページトップへ