ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(一覧) > 助成事業紹介 【スポーツ振興くじ助成:山形県上山市】

助成事業紹介 【スポーツ振興くじ助成:山形県上山市】

2014.8.8

 平成24年度に国民体育大会冬季大会競技会場整備事業で助成を行いました山形県上山市の坊平高原クロスカントリーコースについて、実施状況調査をいたしました。

 
 当該施設は、平成26年2月に開催される山形樹氷国体のスキー競技会場の一つとなっており、市の中心部から蔵王エコーラインを登り、標高1,000m~1,200mのところに位置します。周辺施設と合わせて蔵王坊平アスリートビレッジと呼ばれ、文部科学省指定ナショナルトレーニングセンター高地トレーニング強化拠点施設に指定されています。全天候舗装の陸上トラック、トレーニングマシンの整備された体育館、宿泊施設などが周辺に集約し、大学や企業スポーツチームの合宿地となっています。

 
 今回、スポーツ振興くじ助成金を活用し、クロスカントリースキー競技のための競技記録計算室、競技用備品保管庫を整備し、コース整備車両や電光表示装置等の競技会場用機器を設置しました。

 調査当日は、小雨がぱらつく中でしたが、空気は澄んでいるように感じられ、蔵王のお釜方面を望むと晴れ間に見える紅葉が綺麗であり、スポーツに打ち込む環境としてはとても適した場所だと感じました。


 今回の整備によって、山形樹氷国体での選手や運営スタッフ等の利便性が上がり、計画通りに無事に大会が運営され、よい結果が生まれることを期待しています。
樹氷国体の終了後もこの施設を活用され、多くの大会の開催や優れたアスリートの育成の場となることを願っております。

(平成25年10月23日往訪 審査第三係)

助成団体 山形県
事業名 第69回国民体育大会冬季大会スキー競技会(やまがた樹氷国体)
事業細目名 国民体育大会冬季大会の競技会開催支援
助成金額 56,250,000円
 

 

 電光表示装置が保管されている様子  グラウンドの側にある競技記録計算室の写真
電光表示装置(保管状態) 競技記録計算室

 

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

スポーツこころのプロジェクト

センターFacebook

ページトップへ