ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(令和2年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:特定非営利活動法人とみあい総合型クラブ】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:特定非営利活動法人とみあい総合型クラブ】

 令和2年度総合型地域スポーツクラブ活動助成で、活動基盤強化事業とクラブマネジャー設置事業を行っている特定非営利活動法人とみあい総合型クラブの調査を実施しました。
 とみあい総合型クラブは、熊本県熊本市にある総合型地域スポーツクラブで、令和元年11月に設立されました。現在21種類のスポーツ教室を展開しており、会員数は調査時点で341名、特に小学生が多く在籍しています。
 事前にアンケートを実施し、ニーズに応じた教室を開設するなど、地域住民の声を反映して活動しています。また、キッズ体操教室とピラティス教室を組み合せることにより、子どもと親が一緒にクラブに参加できるようにするといった工夫を凝らし、ファミリー会員の拡大を図っています。
 また、会員の確保については、各教室の実施回数を増やしたり、入会申し込みを紙媒体だけでなく、ホームぺージやQRコードを用いたりするなど多様な方法で受付できるようにしています。
 助成金受給年限終了後を見据えて、クラブ会員増加のための施策や行政等との連携強化など積極的なクラブ運営を行っています。
 地域に根付いた総合型地域スポーツクラブとして、今後、益々発展されることを期待しています。

(令和2年12月10日 Web会議により実施)

助成団体 特定非営利活動法人とみあい総合型クラブ
事業名 ①特定非営利活動法人とみあい総合型クラブ活動事業
②特定非営利活動法人とみあい総合型クラブマネジャー設置事業
事業細目名 ①総合型地域スポーツクラブ活動基盤強化
②総合型地域スポーツクラブマネジャー設置
助成金額 ①2,160,000円
②1,504,000円
 

 

(写真)野球クラブとキッズ体操教室の様子
(※写真提供:特定非営利活動法人とみあい総合型クラブ)

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ