ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(令和2年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:埼玉県行田市】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:埼玉県行田市】

 令和元年度に地域スポーツ施設整備助成を受け、富士見公園野球場防球ネットの設置を行った埼玉県行田市の調査を実施しました。
 富士見公園野球場は、小学生から高齢者まで幅広い年齢層が利用する球場ですが、防球ネット設置前は外周に高さ2mのフェンスが設置してあるのみで、安全対策が万全ではなく頻繁にボールがフェンス外に飛び出すことがありました。
 今回、スポーツ振興くじ助成金を活用し高さ15mの防球ネットを設置したことで、利用者からは「ファウルボールを気にせずに安全に試合ができる」、「利用が以前よりもしやすくなった」と好評を得ています。
 今後、行田リトルシニア杯や持田地区秋季ソフトボール大会などを企画しており、行田市のさらなるスポーツ振興のために施設が利用される予定です。
 富士見公園野球場が地域の方々に広く利用され、スポーツ振興の拠点としてより一層活用される施設になることを期待します。

(令和2年11月10日 Web会議により実施)

助成団体 埼玉県行田市
事業名 行田市富士見公園野球場防球ネット設置事業
事業細目名 スポーツ競技施設等の整備
助成金額 20,000,000円
 

 

(写真)行田市富士見公園野球場防球ネットの様子 (※写真提供:埼玉県行田市)

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ