ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(令和元年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:宮崎県宮崎市】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:宮崎県宮崎市】

 平成30年度グラウンド芝生化事業で、天然芝生化改設を行った宮崎県宮崎市の調査を実施しました。
 今回整備した久峰総合公園野球場は、年間を通して小学生から高校生、社会人まで世代を問わず多くの方が利用しています。リトルリーグや夏の高校野球の試合会場でもあり、様々な大会やイベントが開催されています。主に平日の夜間は社会人の野球チーム、週末は学生の野球チームが利用し、稼働率の高い施設となっています。毎年2月から3月には、大学生がキャンプで訪れ、練習拠点として利用しています。整備前のグラウンドは不陸が発生し、外野芝生も部分的に劣化が激しく、段差や剥がれ等がみられ、水はけも悪く、プレー面・安全面から課題がある状況でした。そのため、利用者からも度々改善を望む声が上がっていました。
 今回、不陸解消・芝生の再整備をしたことにより、安全な競技環境を提供できるようになるとともに、利用者も快適にプレーが行えるようになりました。以前は、雨天時に水が溜まり、数日間はグラウンドを利用できない状況でしたが、今回整備を行ったことでグラウンドの水はけが改善されたため、雨天後もすぐにグラウンドを利用できるしようになりました。一時的な降雨であれば、試合を続行することができ、雨天中止となるリスクも少なくなり、整備後は利用者の満足度も高まっています。また、施設の安全性・利便性の向上が図られ、施設の長寿命化にも繋がりました。天然芝の劣化を防ぎ、安全な環境を持続できるように、指定管理者制度を導入し、整備後も引き続き指定管理者による定期的なメンテナンスを行いながら、グラウンドの維持管理に努めていきます。
 今後も安全で継続的にスポーツを楽しめる拠点として、これまで以上に広く利用されることを期待します。

(令和元年12月13日往訪)

助成団体 宮崎県宮崎市
事業名 久峰総合公園野球場天然芝改設事業
事業細目名 天然芝生化改設
助成金額 13,405,000円
 

 

(写真)久峰総合公園野球場の様子

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ