ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(令和元年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:大分県】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:大分県】

 平成28年度東京オリンピック・パラリンピック競技大会等施設整備助成で、大分スポーツ公園総合競技場の改修・改造を行った大分県の調査を実施しました。
 総合競技場は、2002FIFAワールドカップと第63回国民体育大会及び第8回全国障害者スポーツ大会の会場として、2001年3月に竣工され、現在もサッカー、ラグビー、陸上の大会や文化イベントなど、大分スポーツ公園の中心施設として利用されています。
 今回、ラグビーワールドカップ2019日本大会の大分開催に向けた施設整備として、スポーツ振興くじ助成金を活用し、大会基準を満たすため、記者席・実況放送席の一部を観覧席に変更し581席を増席、スタジアム内各コーナー4箇所、計64基の照明を増設し、照度2,000ルクス以上を確保しました。
 ラグビーワールドカップ2019日本大会では、プール戦3試合、準々決勝2試合が行われ、延べ20万人の観客が会場を埋め尽くしました。また、試合だけではなく、ファンゾーンでのイベント開催、約2,000人のボランティアによる補助等、大分県だけでなく九州全体が一体となり、大会の成功を支えました。大会のレガシーとして、大会終了後も国際大会やキャンプ地誘致に取り組み、2020年3月にはジャパンラグビートップリーグ2020、7月にはラグビー日本代表対イングランド代表の開催も予定されています。更には、大分市内のホテルに宿泊予約が殺到するなど、地域への波及効果もありました。
 これからの課題としては、老朽化した陸上競技場トラックや、可動屋根の大規模な修繕や更新等、財源の確保と計画的な実施を行うことが挙げられます。
 ラグビーワールドカップ2019以降も、地域のみならず、国内のスポーツ振興の拠点となることを期待しています。

(令和元年12月13日往訪)

助成団体 大分県
事業名 大分スポーツ公園総合競技場 RWC2019 競技会場改修・改造事業
事業細目名 競技会場改修・改造
助成金額 56,281,000円
 

 

(写真)大分スポーツ公園総合競技場の様子

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ