ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(令和元年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:特定非営利活動法人AS栃木】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:特定非営利活動法人AS栃木】

 平成30年度地域スポーツ施設整備助成(クラブハウス新設)で特定非営利活動法人AS栃木が新設したクラブハウスを訪問し、実施状況調査を行いました。
 当法人は、栃木県大田原市を活動拠点とする総合型地域スポーツクラブで、現在4種目のスポーツ教室が展開されており、幼児から高齢者まで幅広い年代の方が参加しています。
 クラブハウスは、同じく平成30年度に助成を受けて整備されたグラウンドに併設する形で新設されており、談話室、多目的ルーム、更衣室、シャワー室、用具室、トイレが完備されています。多目的ルームは主にスポーツ教室で利用されており、調査当日は卓球教室が行われていました。また、談話室はグラウンドが見える設計となっており、サッカー教室に参加する子どもの保護者が屋内で観戦できるよう、椅子やテーブルが設置されています。各教室が行われる際には、休憩室としても利用されるため、スタッフや会員同士のコミュニケーションの場にもなっています。
 クラブハウス新設により、安定した施設利用が可能となったため、クラブハウスを利用した障がいのある方や高齢者向けのプログラムを、現在計画しています。
 当法人が総合型地域スポーツクラブとして地域のスポーツ振興の担い手になるとともに、地域貢献活動等の充実により住民に寄り添ったクラブとなることを期待しています。

(令和元年9月25日往訪)

助成団体 特定非営利活動法人AS栃木
事業名 AS栃木クラブハウス整備事業
事業細目名 クラブハウス新設
助成金額 38,977,000円
 

 

(写真)AS栃木クラブハウスの様子

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ