ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(令和元年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:大阪府東大阪市】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:大阪府東大阪市】

 平成28年度東京オリンピック・パラリンピック競技大会等施設整備助成で、東京オリンピック・パラリンピック競技大会等競技会場整備事業を行った大阪府東大阪市の調査を実施しました。  
 ラグビーワールドカップ2019の開催地に決定したことを受け、競技を安全に実施できる環境を整備したことで、大会開催後も大規模なラグビーの試合が可能になり、またスポーツによる地域の振興が図られるようになりました。ラグビーワールドカップ2019では、4試合が開催され、日本各地でラグビーブームが巻き起こる中、西日本のラグビーの聖地として盛り上がりの一旦を担う施設となりました。
 今回は、ラグビー場内の大型映像装置や音響設備、照明設備、バリアフリー化に係る整備が中心でした。特に場内の大型スクリーンやスピーカーは試合進行においても重要な設備であり、整備前のものから大幅に機能が向上したことで、より細かい演出や進行が可能となりました。
 整備前は、日本ラグビーフットボール選手権大会、ジャパンラグビートップリーグ、全国高等学校ラグビーフットボール大会など国内のラグビー試合が中心でしたが、今後はこれらに加えて大規模な国際試合の増加が見込まれるため、国内試合との日程調整のほか、一般団体の利用開放、施設見学開催のイベントなど、施設利用の調整が課題となってきます。
 また、ラグビーワールドカップ2019のレガシーとして、2021年にはワールドマスターズゲームズ関西の開催や2022年からのマスターズ花園の開催が予定され、更には東大阪市花園ラグビー場への交通の利便性向上、市内ホテルの新規開業など、地域への波及効果もありました。
 ラグビーワールドカップ2019以降についても、東大阪市花園ラグビー場がスポーツ振興の拠点となることを期待しています。

(令和元年10月31日往訪)

助成団体 大阪府東大阪市
事業名 東大阪市花園ラグビー場 RWC2019競技会場改修・改造事業
事業細目名 競技会場改修・改造
助成金額 1,187,864,000円
 

 

(写真)東大阪市花園ラグビー場

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ