ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(令和元年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:埼玉県新座市】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:埼玉県新座市】

 平成30年度地域スポーツ施設整備助成でグラウンド芝生化事業を行った埼玉県新座市の調査を行いました。
 今回整備を行ったサッカー場は、人工芝新設に加えグラウンド施設の全体も一緒に改修されたものです。改修前は、主に市内小学生団体が利用するクレーのサッカー場でしたが、少年用8人制ピッチよりも小さいサイズでした。今回、市内で唯一の人工芝サッカー場としてグラウンドを改修することとなり、(公財)日本サッカー協会が推奨している「8人制サッカー競技規則」に基づく公式戦サイズに整備するとともに、2面のフットサル場としても活用できるようにしました。ロングパイル人工芝にしたことで擦過傷等の怪我も減少しており、従来までの幼児から少年少女に加えて、大人までの幅広い層で安心・安全にグラウンドを利用できるものとして、市内のサッカークラブやフットサル利用者からは、喜びの声があがっています。
 また、改修前は雨天時に利用が出来ないのはもちろんのこと、雨天後も利用休止期間があることで利用計画に大きく支障が生じていましたが、グラウンドを改修したことで、雨が止めばすぐに利用可能になるなど貸出し判断が容易になり、利用率も大きく上がりました。
 これからの課題としては、改修後に利用団体が増加したことで施設予約がしづらい状況となっており、多くの団体が公平に施設を利用できるように、月ごとの予約日数の制限を設けることも検討する必要があると考えています。
 大和田少年サッカー場が新座市のスポーツ振興の拠点として、より一層活用される施設になることを期待します。

(令和元年11月8日往訪)

助成団体 埼玉県新座市
事業名 (仮称)大和田運動場少年サッカー場人工芝新設事業
事業細目名 人工芝生化新設
助成金額 38,400,000円
 

 

(写真)新座市大和田運動場少年サッカー場

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ