ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(令和元年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:一般社団法人結学舎】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:一般社団法人結学舎】

 令和元年度総合型地域スポーツクラブ活動助成で、活動基盤強化事業・クラブマネジャー設置事業を行っている一般社団法人結学舎の調査を実施しました。
 結学舎では、現在4種類のスポーツ教室(フットサル、ヒップホップダンス、子どものボール教室、ヨガ)を展開しています。
 今回見学したヒップホップダンス教室は、会員の参加率が高く、教室が始まる30分も前から集まって鏡の前で踊っている子どもたちの姿からは毎回教室を楽しみにしている様子が伺えました。
 スポーツ振興くじ助成金によって安定した指導者の確保が可能になったことと、ポスターやチラシ等の広報活動にも力をいれ、近隣の小学校で配布してもらうことが出来るようになったことで周辺地域との連携も図られるようになりました。結学舎では、将来的に地域の小中学校の運動部活動と総合型地域スポーツクラブが連携し協力し合う体制を築くことで、部活動顧問の先生の負担を軽くしたり、子どもたちに対する過剰な指導を防ぐ等、社会問題解決を目指しています。
 現時点でのクラブの課題としては、安定した場所の確保と幅広い世代で会員を得ることが挙げられます。ヒップホップダンス教室も毎月異なる会場で開催されることもあり、会場の確保には苦労していて、地元の小学校との連携をきっかけに自治体からの理解を得て優先利用できる場所を確保するとともに、地域住民のニーズを正確に把握することで会員の増加につなげていきたいと考えています。
 総合型地域スポーツクラブとして地域のスポーツ振興を担うだけでなく、地域住民の交流の拠点として発展されることを期待しています。

(令和元年10月29日往訪)

助成団体 一般社団法人結学舎
事業名 ①みんなのスポーツプログラム推進事業
②みんなのスポーツプログラム推進事業
事業細目名 ①総合型地域スポーツクラブ活動基盤強化
②総合型地域スポーツクラブマネジャー設置
助成金額 ①1,271,000円
②864,000円
 

 

(写真)ヒップホップダンス教室の様子

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ