ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(平成30年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:長崎県諫早市】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:長崎県諫早市】

 平成29年度地域スポーツ施設整備助成のグラウンド芝生化事業で、諫早市(仮称)久山港スポーツ施設新野球場人工芝生化新設事業を行った長崎県諫早市の実施状況調査を行いました。
 今回、人工芝を整備した野球場は、諫早市第1野球場として、平成30年7月から一般利用が開始されており、平成31年度には同一敷地内にサッカー広場や第2野球場も整備される予定で、市のスポーツ拠点施設として更なる発展が見込まれています。
 本球場は、高校野球の公式大会が開催できる規格で、人工芝の外野フィールドのほか、7,200人を収容可能なスタンド、フルカラーLED式のスコアボード一体型バックスクリーンを有するなど施設、設備ともにとても充実しています。
 利用者数も従来の球場と比較すると3倍近くに上り、平日も夕方以降になると市内の中高生から社会人を中心に利用者が多く見られます。また、諫早市は県内の中央部に位置し、市外からのアクセスも良いことから、土日は大会などに利用され、市内外問わず多くの方が訪れています。
 利用者からは、良好なグラウンドコンディションでプレーできるため、競技に対する意識向上やレベルアップが図れると好評となっています。
 人工芝と黒土の境界における整地作業など、人工芝の維持管理が今後の課題ですが、地域のスポーツ振興の拠点として、地域の方々に長く愛される施設になることを期待します。

(平成30年10月3日往訪)

助成団体 長崎県諫早市
事業名 諫早市(仮称)久山港スポーツ施設新野球場人工芝生化新設事業
事業細目名 人工芝生化新設
助成金額 38,400,000円
 

 

(写真)野球場人工芝の様子

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ