ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(平成30年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:NPO法人越前市障がいスポーツクラブ

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:NPO法人越前市障がいスポーツクラブ】

 平成30年度総合型地域スポーツクラブ活動助成で、活動基盤強化事業・クラブマネジャー設置事業を行っているNPO法人越前市障がいスポーツクラブの調査を実施しました。
 当クラブは福井県越前市にあり、県内唯一の障がい者・高齢者のスポーツを中心とした総合型地域スポーツクラブとして、現在13種類のスポーツ教室を展開しています。
 障がいのある人がスポーツを楽しめる環境をつくりたいという思いで、クラブを設立してから、3年目を迎えました。地域住民と障がい者がスポーツを通じて、健康づくり・仲間づくり・生きがいづくりができるクラブを目指しており、約280名の会員を有しています。
 今回見学した「ラージボール卓球」教室は、高齢者を対象として週2回実施しています。当日は悪天候にもかかわらず、10名以上の方が参加しており、和気あいあいとスポーツを楽しんでいました。設立当初からの参加会員も多く、クラブの目的の一つである「生涯スポーツ」を実践する場となっています。
 これからの課題としては、助成金に頼らない自立したクラブ運営の確立と、遠方や交通手段を持たない参加者のための送迎の実施が挙げられます。また、現在、拠点となる事務所が無いことで実施を断念している事業がありますが、今後、地元行政のバックアップのもと、事務所拠点の確保ができる見込みとなっています。
 今後も障がい者スポーツを中心として、だれもがスポーツを楽しめる総合型地域スポーツクラブとして、スポーツの振興に寄与されることを期待します。

(平成30年12月19日往訪)

助成団体 NPO法人越前市障がいスポーツクラブ
事業名 ①NPO法人越前市障がいスポーツクラブ活動基盤強化事業
​②NPO法人越前市障がいスポーツクラブクラブマネジャー設置事業
事業細目名 ①総合型地域スポーツクラブ活動基盤強化
②総合型地域スポーツクラブマネジャー設置
助成金額 ①994,000円
②691,000円
 

 

(写真)ラージボール卓球教室の様子

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ