ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(平成30年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:宮城県川崎町】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:宮城県川崎町】

 平成30年度地方公共団体スポーツ活動助成(スポーツ教室、スポーツ大会等開催)を受けている宮城県川崎町の調査を行いました。 
  川崎レイクサイドマラソン2018は、ハーフマラソンや2人駅伝など複数の種目が設けられており、幅広い年代の方が参加できる大会です。雄大な山々に囲まれて湖を巡るコースは景色がよいと好評で、県内はもちろん、川崎町に隣接する山形県のほか、東北地方以外からも多くの方々が参加しました。
 残暑が厳しい時期の開催のため熱中症などの体調面が懸念されましたが、助成金を受けることで大会ボランティアや医療スタッフ等の充実が可能となり、安全面に配慮した運営につながっています。また、参加費を抑えることで地元中学生の参加を促し、地域のスポーツ振興にも役立っています。
 大会をより充実したものとするため、スタッフ等の人員及び安全性の確保がより一層の課題となりますが、本事業が地域のスポーツ振興や地域活性化の更なる貢献に寄与することを期待します。

(平成30年11月14日往訪)

助成団体 宮城県川崎町
事業名 川崎レイクサイドマラソン2018
事業細目名 スポーツ教室、スポーツ大会等開催(地方)
助成金額 2,560,000円
 

 

(写真)川崎レイクサイドマラソン2018の様子

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ