ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(平成30年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:山形県山形市】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:山形県山形市】

 平成29年度地域スポーツ施設整備助成で、人工芝生化新設事業を行った山形県山形市の調査を実施しました。今回の整備で、山形市総合スポーツセンター野球場(きらやかスタジアム)を新設し、野球専用の人工芝を敷設しました。整備後、利用者からは、グラウンドを金属スパイクで利用しても滑りにくく、ボールの回転が天然芝と同等であり、天然芝グラウンドでプレーしているのと同等の感覚で競技ができるとの声をいただいています。また、グラウンドの水はけが改善されたため、一時的な降雨であれば、試合を続行することができ、雨天中止となるリスクが少なくなりました。また、外野部分の人工芝生化により、利用可能なスポーツが増え、野球以外にも、ソフトボールやティーボール、市民運動会やスポーツフェスタと幅広く活用されています。
 これまで、安全面の基準を満たすことができず開催できなかった大会等を行うことができ、これまで以上の利用が見込まれています。
 今後も、老若男女を問わず、すべての方を対象に、安全で継続的にスポーツを楽しめる拠点として、広く利用されることを期待します。

(平成30年11月6日往訪)

助成団体 山形県山形市
事業名 山形市新野球場人工芝生化新設事業
事業細目名 人工芝生化新設
助成金額 38,400,000円
 

 

(写真)山形市総合スポーツセンター野球場の様子

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ