ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(平成30年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:一般社団法人全日本女子野球連盟】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:一般社団法人全日本女子野球連盟】

 平成30年度スポーツ振興くじ助成(スポーツ教室、スポーツ大会等の開催(スポーツ))を受け、事業を行っている一般社団法人全日本女子野球連盟の実施状況調査を行いました。
 今回調査した『第13回全日本女子硬式クラブ野球選手権大会』は、女子硬式野球クラブの全国大会であり、350名、16チームが参加する運営規模の大会となりました。
 本大会の開催にあたり、大会開催地である千葉県袖ケ浦市・鴨川市と連携して球場周辺や選手が宿泊するホテル等にポスターの貼付を行い、地域住民への大会周知を図ることで大会を盛り上げていました。また、ボールパーソンを地元の高校の男子野球部員に依頼することで、男子競技との違いや女子野球の魅力を少しでも理解してもらおうという取り組みも見られました。
 助成金を受けることによって安定した大会運営が可能となりました。参加チームを増やし、大会規模を拡大することで観客の増加にもつながりました。今後は鴨川市に本拠地を置くプロ野球球団の千葉ロッテマリーンズ(二軍)との連携を検討する等、さらなる盛り上がりも期待されています。
 現状として、女性指導者の不足や審判員の育成に加え、女子選手のメンタル面でのサポート体制の充実等様々な課題が挙げられています。一方で、実況で会場の雰囲気を盛り上げる等、活気あふれる大会となっており、試合後には敗戦した選手が涙を流す場面も見られ、選手たちのプレーからは競技に対する情熱や闘志が感じられました。
 今後、より多くの方々に女子野球の素晴らしさを知ってもらい、より一層発展していく大会となることを期待します。

(平成30年10月6日往訪)

助成団体 一般社団法人全日本女子野球連盟
事業名 第13回全日本女子硬式クラブ野球選手権大会
事業細目名 スポーツ教室、スポーツ大会等開催(スポーツ)
助成金額 2,000,000円
 

 

(写真)「第13回全日本女子硬式クラブ野球選手権大会」の様子

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ