ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(平成30年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:公益財団法人日本バスケットボール協会】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:公益財団法人日本バスケットボール協会】

 平成30年度スポーツ団体スポーツ活動助成(スポーツ教室、スポーツ大会等の開催)を受け行われた、公益財団法人日本バスケットボール協会が主催する「3×3(スリー・バイ・スリー) ジャパンツアー」の実施状況調査を行いました。
 今年度の本競技大会は全国12か所で行われ、誰でも気軽に3×3を体験できる『CHALLENGE』、賞金ツアー大会の『OPEN』、日本代表候補選手を発掘、育成強化する『EXTREME』の3カテゴリーを展開しています。このうち『EXTREME』では、優勝チームがワールドツアーのチャレンジャーとして世界に挑戦できるため、特に盛り上がりをみせています。
 競技会場は屋内と屋外での開催がありますが、屋外では駅前や公園などの人が行き交う場所で実施され、バスケットボールを普段観ない方にも認知してもらう工夫や、若者を引き込む大音量の音楽、マイクパフォーマンスやDJによる場内の盛り上げ等、5人制バスケットボールとは雰囲気の違う都市型スポーツならではの工夫がとても印象的でした。
 3×3は、東京2020オリンピックの正式種目として追加採用されたこともあり、競技人口が増加し、競技レベルの向上が見られるところですが、比較的少ない女子部門の競技人口を伸ばすため、現在は男子のみのカテゴリーとなっている『EXTREME』の女子部門を来年度から開催し、各地域における試合の機会を増やすなど、各都道府県協会と連携して普及・強化を強めています。
 今後もこのような大会を通して3×3が盛り上がり、都市型スポーツの振興に寄与することを期待します。

(平成30年9月1日往訪)

助成団体 公益財団法人日本バスケットボール協会
事業名 3×3 ジャパンツアー
事業細目名 スポーツ教室、スポーツ大会等の開催
助成金額 10,829,000円
 

 

(写真)3×3 ジャパンツアーの様子

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ