ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(平成29年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:特定非営利活動法人会津美里クラブ衆】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:特定非営利活動法人会津美里クラブ衆】

 平成29年度総合型地域スポーツクラブ活動助成で、活動基盤強化事業・クラブマネジャー設置事業を行っている特定非営利活動法人会津美里クラブ衆の調査をしました。
 当クラブは、福島県会津美里町唯一の総合型地域スポーツクラブとして、設立当初から、地元の行政、体育協会と密に調整を図り、地域住民にアンケート調査を行うなど、地域のニーズに合った活動種目を展開しています。中でも、新規種目として始めたズンバ&筋膜リリースの教室は、肩こりや腰痛にも効果があるということで、好評となり、急遽、筋膜リリースのみの教室を立ち上げました。SNSでの告知やチラシ配布、体験会や行政と連携したイベント事業などクラブの広報活動を積極的に行っており、健康を気遣う人の入会が増えています。現在の会員数は500名を超え、今年度の会員獲得目標の達成も目前となっています。
 今回調査した「ラージボール卓球」教室は、開始時間前より集まって自主練習を行う会員が多く、当日も熱心に声を掛け合い、楽しんで参加している姿が印象的でした。立ち上げ当初は初心者であった会員も、キレのあるスマッシュを決めていました。
 今後の課題としては、活動の規模に対してスタッフ、指導者が不足しているため、人材育成に繋がる研修を実施するなどの後継者育成と、近隣の学校等と連携し、子ども達が楽しく参加できる体制づくりを図りたいと考えています。
 これからも、地域に根差した、幅広い世代の参加する総合型地域スポーツクラブとして発展されることを期待します。

(平成29年10月5日往訪)

助成団体 特定非営利活動法人会津美里クラブ衆
事業名 特定非営利活動法人会津美里クラブ衆活動基盤強化事業
事業細目名 総合型地域スポーツクラブ活動基盤強化事業
助成金額 1,674,000円
 

 

 
(写真)ラージボール卓球の様子

 

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ