Now Loading

新国立競技場 NEW NATIONAL STADIUM JAPAN

JAPAN SPORT CONCIL
NEW NATIONAL STADIUM JAPAN「いちばん」をつくろう。FOR ALL
日本を変えたい、と思う。新しい日本をつくりたい、と思う。もう一度、上を向いて生きる国に。そのために、シンボルが必要だ。日本人みんなが誇りに思い、応援したくなるような。世界中の人が一度は行ってみたいと願うような。世界史に、その名を刻むような。世界一楽しい場所をつくろう。それが、まったく新しく生まれ変わる国立競技場だ。世界最高のパフォーマンス。世界最高のキャパシティ。世界最高のホスピタリティ。そのスタジアムは、日本にある。「いちばん」のスタジアムをゴールイメージにする。だから、創り方も新しくなくてはならない。私たちは、新しい国立競技場のデザイン・コンクールの実施を世界に向けて発表した。そのプロセスには、市民誰もが参加できるようにしたい。専門家と一緒に、ほんとに、みんなでつくりあげていく。「建物」ではなく「コミュニケーション」。そう。まるで、日本中を巻き込む「祝祭」のように。この国に世界の中心をつくろう。スポーツと文化の力で。そして、なにより、日本中のみんなの力で。世界で「いちばん」のものをつくろう。
NEW NATIONAL STADIUM INTERNATIONAL DESIGN COMPETITION 新国立競技場デザイン・コンクール

NEW NATIONAL STADIUM INTERNATIONAL DESIGN COMPETITION	新国立競技場デザイン・コンクールあたらしい国立競技場 国際デザイン・コンクール、スタート。世界中の建築家から国立競技場の「デザイン」を公募いたします。これは今世紀最大規模の国家プロジェクトです。完成は2018年度。2020年オリンピック・パラリンピックが東京に来たときにはメインスタジアムとなるものです。その前年には「ラグビーワールドカップ(RWC)2019」が開催されます。サッカーのFIFAワールドカップTMや、陸上の国際競技大会の開催、世界的なアーティストのコンサート等、文化・芸術の発信基地にもなります。新しいスタジアムを新しい創り方で。私たちJAPAN SPORT COUNCILでは、デザイン案の選定から完成までのプロセスをオープンにすることで、みんなでつくりあげていくスタジアムにしたい。いま日本に必要なのは、夢の力だと思います。審査委員 安藤 忠雄鈴木 博之、岸井隆幸、内藤 廣、安岡 正人、小倉 純二、都倉 俊一、ノーマン・フォスター、リチャード・ロジャース、河野 一郎

審査委員長 安藤忠雄

審査委員長 安藤忠雄

地球人の未来へ向かう灯台 半世紀前に誕生した国立競技場は、世界最高のスポーツの祭典の場に相応しい場を提供し得た、日本の近代建築誕生の宣言であり、同時にそれは、未来へと向かう国家と国民の意志表明の建築であった。その偉大なる日本近代の遺産が、半世紀を経て新たに生まれ変わる。驚くべきスピードで変化するグローバル化社会、複雑化する一方の人間生活。一方で、世界人口の増加と枯渇する資源、エネルギー、温暖化等、地球環境そのものの異変など、民族国家を超えたおおきな問題への対応を迫られている21世紀の現代。この難しい時代に、国家プロジェクトとしてつくられる競技場とは、あらゆる制度的な枠組みを超えた、地球人がつくる地球人のための建築でなければならない。そして、混沌とする世界状況にあって、人々が新しい人間文明の未来を構築すべく立ちあがる、その意志を喚起するような、力に溢れたものでなければならない。つくるべきは地球人の未来へと向かう灯台、希望の象徴となれる場所だ。人間の叡智と現代技術の総力を結集した最高の建築を実現するため、広く世界に、アイディアを募りたい。新しい時代の幕開けを告げる、知性と情熱に満ちた提案を期待する。あんどう・ただお 1941年大阪生まれ。独学で建築を学び、69年に安藤忠雄建築研究所を設立。環境との関わりの中で新しい建築のあり方を提案し続けている。1979年に日本建築学会賞、95年プリツカー賞、05年 国際建築家連合(UIA)ゴールドメダルほか受賞。97年より東京大学教授を務め、現在は名誉教授。2010年文化勲章を受章。2020年東京オリンピック・パラリンピック招致のためのデザインアドバイザーを務める。代表作に「淡路夢舞台」「フォートワース現代美術館」「プンタ・デラ・ドガーナ」など。
JAPAN SPORT COUNCIL 日本スポーツ振興センター未来を育てよう スポーツの力でJAPAN SPORT COUNCILはさまざまな業務を行っています。国立競技場をはじめとするスポーツ施設の運営スポーツ振興くじtoto・BIGの実施及びスポーツ振興のための助成JISS・ナショナルトレーニングセンターにおける国際競技力向上のための医・科学研究と支援日本のスポーツ情報戦略機能の強化災害共済給付制度の運営及び学校における児童生徒等の災害防止