秩父宮ラグビー場

ラグビー場上空写真  秩父宮ラグビー場は、ラグビー専用競技場として昭和23(1948)年に女子学習院跡地に「東京ラグビー場」として完成。昭和28(1953)年、財団法人日本ラグビーフットボール協会の名誉総裁であった秩父宮殿下のご遺徳を偲び「秩父宮ラグビー場」と名を改めました。
 昭和37(1962)年10月1日、秩父宮ラグビー場は国立競技場に移管され、昭和39(1964)年、第18回オリンピック東京大会ではサッカー競技会場として利用されました。
 現在も、ラグビーの国際試合、日本選手権、トップリーグ、大学選手権、関東大学対抗戦/リーグ戦などに利用されています。
施設案内 座席案内 イベント情報 秩父宮ラグビー場の歴史

テニス場

テニスコート風景 秩父宮ラグビー場敷地内には、砂入り人工芝のテニス場が7面あります。クラブハウスを備えた屋外テニスコートです。
施設案内 年間利用

 

芝生の販売サイト

デザイナーコラボバナー 

イベント情報

日本ラグビーフットボール協会

関東ラグビーフットボール協会

ジャパンラグビーフットボールリーグ

センターFacebook

ページトップへ