ホーム > 助成申請手続き > 基金助成(団体助成)の手続きの流れ > 実績報告及び活動状況報告(基金助成)(令和4年度用)

実績報告及び活動状況報告(基金助成)(令和4年度用)

◎助成活動(助成活動が複数ある場合は、すべての助成活動)が完了したときは、助成活動完了の日から30日を経過した日又は翌年度の4月10日のいずれか早い日までに実績報告書(別記様式第8)及び関係書類を提出してください。

◎複数の助成活動を行う場合は、それぞれの活動完了日から30日を経過した日までに状況報告書(別記様式第10)及び以下の提出書類の(2)~(7)を提出してください。
 実績報告書(別記様式第8)の提出は、すべての助成活動が完了したときに1部提出してください。実績報告の際は、状況報告において提出済みの活動に係る(3)~(7)の書類は必要ありません。
 なお、スポーツ団体選手強化活動助成の(2)活動報告書については、状況報告の際は内訳のみ提出し、実績報告の際にすべての助成活動についてまとめた活動報告書を1部提出してください。

◎助成活動に係る会計処理については、「会計処理の手引(令和4年度用)」(PDF:1,377KB)をよくお読みください。

※助成対象経費の支払は、銀行振込を原則とします。一部の例外を除き、現金により支払う場合は対象経費となりませんので充分御留意ください。

◎関係規程・手引については、交付要綱・実施要領(スポーツ振興基金助成)ページをご覧ください。

1 提出書類
■指定様式
(1-1)実績報告書(Word:25KB)
 ※すべての活動が完了したとき

(1-2)状況報告書(Word:25KB)
 ※それぞれの活動が完了したとき

(2)活動報告書・事業効果調査票
 スポーツ団体選手強化活動助成用(Excel:39KB)
 スポーツ団体選手強化活動内訳(Excel:23KB)
 スポーツ団体大会開催助成(競技会開催)用(Excel:82KB)
 スポーツ団体大会開催助成(研究集会・講習会開催)用(Excel:79KB)

(3)収支計算書・収支簿(Excel:95KB)   

※複数活動の交付決定を受けている場合であっても、1活動1ファイルとし、シートの追加はしないでください。

(4)収支に関する証拠書類(写し)
  収支に関する証拠書類一覧表(PDF:790KB)
  ※紙媒体で提出する場合は、写しを提出してください。

(5)諸謝金・旅費等一覧表(Excel:61KB)
  ※謝金、旅費を支出した場合のみ
        諸謝金・旅費等一覧表記載マニュアル(PDF:911KB)


(6)シンボルマーク等の表示が確認できる資料

(7)財産管理台帳 (Excel:23KB)
  ※助成対象経費により取得または効用の増加した財産がある場合のみ

(8)銀行振込依頼書[Excel](19KB)
  ※令和4年度において、未提出の団体のみ
  ※令和4年度中に提出した団体でも、振込口座情報に変更があった場合は再提出すること。

(9)その他参考となる資料

■任意様式(参考例)
 ・講師等依頼文書(例)(Word:29KB)
 ・銀行振込依頼書(例)(Word:33KB)
 ・支払明細書(例)(Word:28KB)
 ・代理受領委任状(例)(Word:32KB)
 ・検査調書(例)(Word:31KB)

■参考
 ・文部科学省発注工事請負等契約規則(PDF:179KB)
 ・文部科学省工事請負契約基準(PDF:325KB)
 ・文部科学省製造請負契約基準(PDF:200KB)
 ・文部科学省物品供給契約基準(PDF:159KB)
 ・事業の一部を第三者に委任する場合
   手順(PDF:96KB)
   事業計画書の作成依頼(例)(Word:28KB)
   事業計画書(例)(Word:29KB)
   委任通知書(例)(Word:28KB)
   承諾書(例)(Word:28KB)
   事業報告書(例)(Word:29KB)
   額の確定通知書(例)(Word:28KB)
   委託契約書(例)(Word:37KB)
   別添 業務計画書(例)(Word:29KB)

2 提出方法
※助成の区分ごとに、以下の「4 お問い合わせ及び書類提出先」のメールアドレスに送信してください。
※メールへの添付ができないものは紙媒体で提出してください。
※上記「1 提出書類」の「(4)収支に関する証拠書類」を紙媒体で提出する場合は、写しを提出してください。

<メール送信時の件名>
 R4基金実績報告(又は、状況報告)(団体名)
  例:R4基金実績報告(又は、状況報告)(公益財団法人○○協会)

3 注意事項
・振込明細は、収支計算書及び収支簿に計上する対象経費の内容を証明するものを提出してください。

・振込明細において、単価、数量等の明細が分からない場合には、請求書等の詳細が分かる書類を添付してください。
   なお、提出する振込明細や請求書等は、宛名、日付、内容、金額等がきちんと記載されているかをすべて確認してください。

・収支に関する証拠書類は、収支簿に記載された順番に整理して提出してください。
 また、収支簿と収支に関する証拠書類の整合性を確認できるようにしてください。

4 お問い合わせ及び書類提出先
メール送信先及び書類提出先は下記のとおりです。

<メール送信先>
■スポーツ団体選手強化活動助成に関すること
 担当係:支援第一課
 TEL:03-6804-3080
 E-mail:shien1@jpnsport.go.jp

■スポーツ団体大会開催助成に関すること
 担当係:支援企画課 競技スポーツ支援係
 TEL:03-5410-9150
 E-mail:jyosei-shinsa@jpnsport.go.jp

<書類提出先>
〒107-0061 東京都港区北青山2-8-35
独立行政法人日本スポーツ振興センター スポーツ振興事業部 支援企画課

※紙媒体により提出する場合は、「スポーツ振興基金助成金実績報告書(又は、状況報告書)在中」と朱書きした封筒に入れ、簡易書留等の配達記録が残る方法で、提出期限までに提出してください(郵便(レターパックを含む。)による送付の場合は当日消印有効、それ以外の宅配便等(ゆうパックを含む。)による送付の場合は当センター当日到着分まで。)。

ページトップへ