ホーム > スポーツ博物館将来構想検討会議

スポーツ博物館将来構想検討会議

 新国立競技場の整備計画の見直しに伴い、平成26(2014)年5月から一時休館中の秩父宮記念スポーツ博物館について、今年度から始まったJSCの第4期中期目標(平成30年3月文部科学大臣指示)の中で、「秩父宮記念スポーツ博物館・図書館については、機能や役割など今後の在り方について、平成30年度中に結論を出し、その結果を踏まえて具体的な取組を進める」こととされました。
 これを受けて、JSCでは、スポーツ博物館・図書館の今後の在り方を検討するため、外部の有識者から広くご意見を伺うことを目的に、平成30(2018)年7月、「スポーツ博物館将来構想検討会議」を設置しました。
 本会議は、JSCがスポーツ博物館を設置する意義や新たな博物館のコンセプト、事業内容、資料の収集方針などについて、本年12月までに4回程度開催し、意見を取りまとめる予定です。
 なお、本会議での意見の取りまとめや会議資料・議事要旨は、意見が取りまとめられた後、本年12月頃にJSCのホームページで公表する予定です。

委員名簿〔PDF:83KB〕
スポーツ博物館将来構想有識者会議設置要綱〔PDF:129KB〕
スポーツ博物館・図書館の概要〔PDF:1.6MB〕
 本検討会議の設置までのスポーツ博物館に関する動向 〔PDF:231KB〕

第一回

ページトップへ